最強の心理学 神岡真司著

う~~~~~ん、あまりお勧めできる本じゃないかな・・・

そもそも、「人の心が思いどおりになる」なんて、思いあがった考えを持つ著者が書いた本が優れているハズがない。

「どんな相手でもあなたにコロッと落ちる悪魔のテクニック」だとさ?!
それがホントなら婚活で悩む人はいなくなるね・・・

書いてあることは、常識的というか既知感のあるものばかり。
もしくは著者の独りよがり。

男女間のくだりは、気持ち悪いというか下品。

じゃあ何で紹介したの?と問われれば、表紙に騙されて買わないように!と思って!

でも案外、アマゾンのカスタマーレビューでは★5の人も結構多いんだよね・・・不思議。

そのひとつ
↓ ↓
タイトルにつられて買いましたが、コンテンツのすべてが、大いに納得させる内容で一気に読まされました。
今までにない奥行きを感じさせる心理コンテンツの広がりで、内容の濃さが非常によかったです。
特に感銘を受けたのは、交渉を有利にするためのテクニックです。
中でも「お願いする側から、お願いされる側に回る」ために行う「新たな条件付け」は秀逸です。
また、「リストラから逃げ切る方法」や「ナンバーワン人気キャバ嬢を口説き落とすステップ」も大いに勉強になりました。
人の心理的はたらきをうまく使うと、不可能と思えることも可能になることが、この本で実感できました。
「効きすぎて中毒になる」という惹句は大袈裟ですが、個々の心理技術の解説はしっかりしていて納得できます。
面白かったので一読をおすすめいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です