枯れない男になる30の習慣 平澤精一著

幻冬舎から出版されている本だから、マシな本だろうと買ってはみたものの・・・

まあま、筆者の唯我独尊というか、独りよがりというか・・・
ちょっと読むに堪えないところもかなりあった。
例えば、
習慣19-積極的に熱くハグして、熱いキスをする
習慣20-スポーツで闘争心を養う
習慣21-趣味は「ダーツ」!
習慣25-週末は山に行く
習慣30-最低週2回、セックスをする

ただ、良いことも書いてあって、男性ホルモンの「テストステロン」のことが詳しく書いてある。
「一生枯れない男であり続けるための鍵はテストステロンにある!」
これは、真理で同意出来るところ!!

テストステロンが作られるのは95%が精巣なんだとか・・・
つまり、男が男らしく居続けるには肉食オヤジでいろ!ってこと。

今年、還暦同窓会があるけど、見るからに枯れたオヤジになり果てた奴もいるんだろうなあ~~!

自分の体に中が、テストステロンが多いか少ないかは、すでに胎児の時に決まるそうな!!
その見分けかたは?

じっと、手を拡げて見てみて!
薬指が人差し指より長ければ、テストステロンが多い。
人差し指が薬指より長ければ、テストステロンが少ない。

俺?!
もちろん、薬指の方が長いぜ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です