なぜ賢いお金持ちに短気が多いのか? 田口智隆著

短気といえばネガティブなイメージの方が大きい。
俺も「短気は損気」と思うし、「稚拙・拙速」から人間関係を崩す原因になることも多いと思う。

しかし、著者は・・・
短気であるからこそ、世の中の変化に強く、即断・即決・即行動ができ、未来を予測して先手を打つことができる。
気が短いことと、成功者の哲学には共通点が多いのだ。
という。

即断即決、臨機応変、フレキシブル思考

確かに、成功者に欠かせない資質に違いない。

例えば、ファミレスに入ったとして・・・
成功者はメニューもロクに見ずにオーダーを決める。
逆に、優柔不断な奴はいつまでも決められない。
もちろん、成功できるタイプではないと思う。

てか、成功者は食べたい物を先に決めて店を選ぶのではないだろうか?!

成功できない人は、まず最初の一歩が踏み出せない。
すべての条件が揃ってから動き出す。
が、成功者は見切り発車でも、最初の一歩を踏む出すのを躊躇わない。

チャンスは平等に巡ってくるけど、それを掴むのは一握り。
だから「食わず嫌い」せずに、まずは食ってみる。

サントリーの創業者鳥井信治郎氏の口癖は、
「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」
だったそうです。

思い立ったら即行動!
行動のみが成功をもたらす!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です