苫小牧 ネパールカレー

先月の出張の最後は苫小牧
昼に何を食おうか迷った挙句「ネパールカレー」にした。

まあ、カレーだったら365日毎日でもOK!くらい好きなんだけど、ここんとこずっとハマってるのがネパールカレー。

正直北海道(特に札幌)で流行っているスープカレーは、さほど好きじゃなく、やはり王道のインド・ネパールカレーが美味いと思う。
今、全国的に流行っているみたいだね。

・・で、ナンでもなく、ターメリックライスでもなく、白米で食べるのが一番味が分かって美味しいと思うのは俺だけか?

写真は、チキンサグ(ほうれん草)カレー

弾き語り断念

連休2日目
さて、何をしようか・・・

昨年の夏から始めたギターの練習
正直、冬の間はサボっていたので、又、始めよう!

てか、声が悪い、声が出ない、歌が下手・・つまり音痴。
その上、ギターは初心者。
実際、理想と現実のギャップが大きすぎて、やる気をなくしたのがホントのところ。

折角、このブログまで開設して、上達過程を動画で残そうと思っていたけど、さすがに面の皮の厚い俺でも、今のレベルじゃ無理・・・

そこで、考えた。
歌を伴う弾き語りは諦めて、ギターのソロ演奏にシフトしたら?!
まあ、音痴の部分は関係なくなるので・・

さっそく、ソロギターの楽譜。
それも「はじめてのソロギター」「基礎からわかるソロギター」って本を買ってみたけど・・

これが、初心者が弾く楽譜か?
初っ端から、7フレのバレーコードなんて・・

まあ、気長に練習して、夏頃には動画をアップ出来るように頑張るよ!!

室蘭 地球岬と昭和の工場

先月の終盤、函館~松前~登別の出張の際に泊まったのが室蘭。
室蘭に泊まるのは初めて!

室蘭の出島のような地形になっていて、国道も出島の根元を取っているので、室蘭の市街地へ行くことって住民以外はほとんどないんだよね。

白鳥大橋が出来て、便利にはなったけど、それでも・・・

写真じゃ分からいけど、メチャ大きくて綺麗な橋!
出島を繋ぐ橋。

・・で、初めて泊まった室蘭市街。
翌朝何十年かぶりで「地球岬」へ行ってみた。

・・で、地球岬一帯の景色
この日は天気が悪くて寒々としていたけど、天気の良い日に来たら爽快だろうと思う!
新緑の季節なら尚更!!

そして、反対側を見ると、室蘭製鉄所の全容が見渡せる。
息を飲むほどのスケール。
「スゲっ!!」って思わず声が出たもんね!

昭和がそのまま残っていて、平成の時代なんて無かったかのよう・・
日本の高度成長を土台から支えてくれていたと思うと、何だか心から感謝の気持ちが湧いて来た。

手前には、廃校になった建物が・・・
昭和の頃は子供たちの嬌声が響いていたんだろうね!!

運がよければ、クジラが見られることもあるそうだから、是非一度室蘭へ行ってみたら!!

DVD 自衛隊コレクション

世の中はGWだと言うけれども、昨日まで休みなしで仕事していた。

・・で、今日から3日間が俺のGW。
まずは、づっと観れていなかった自衛隊コレクションのDVD鑑賞。

言っとくけど、右翼でもなければ、ミリタリーオタクでもないからね!
単にカッコいいなあ~~って思うだけ。

人殺しの道具を「カッコいい」って不謹慎って言う人もいるだろうね。
でも、もし自衛の戦力を全く持たなかったら、今の平和な日本でいられただろうか?

本当は、全世界のすべての国々が兵器を持たずに争いがなく、その分を医療や福祉、難民や途上国の発展のために使えれば最高なのに!
でも、そんなの不可能って人類の歴史が証明している。

日本の隣には、狂った刈り上げお坊ちゃまや、日本固有の土地を自分の土地だと占領している国もあるしさ・・・

自衛隊を否定する人は、もし自分が大災害にあった遭った時に、身を呈して救助や復興に来た自衛隊を追い返すのかな?

もうひとつの終わり

平成31年4月30日に「平成」は終わった。

その一月前、平成31年3月31日に幕を閉じた場所がある。
夕張線・・終着駅は「ゆうばり駅」

夕張といえば「破綻した街」として有名。
それよりは「夕張メロン」が有名か?!

以前はと言うより、今でも続いているけど「夕張映画祭」で年に一度、映画関係者が集まる、映画の街でもある。

久しぶりに夕張市街を走ってみたけど・・・・寂れたね~~
破綻した街ってこうゆうことか・・・・

でも明るい話題もあった。
今回、北海道知事になった「鈴木 直道」氏は、前夕張市長だった人物。
夕張から知事を!その願いが叶った。

鈴木氏には北海道を、とりわけ夕張を元気にしてもらいたいね!!

This is Hokkaido

帯広~芽室から見える日高山脈
まさにこれが北海道って、俺がいつも思う景色。

果てしなく広がる農地
澄んだ空気
険しい山々

多分100年先も1000年先もこのままなんだろうなあ~~!

帯広名物 ブタ丼 「ぽんちょう」

弟子屈~釧路~帯広の出張の最終日
お昼は帯広名物ブタ丼にした。

名店と言われるところ・・・並んで待つのは嫌なので、いつもは車を運転しながら目についた店に入るんだけど、この日は道沿いに「ブタ丼屋さん」が見つからない。

いつの間にか帯広駅付近まで来たのでググってみた。
まだ、11:30・・・行列は出来ていないだろう・・の予測で!

・・で、すぐ近くにあったのが「ぽんちょう」
店に入ると、一席だけ空いていた・・ラッキー!!

でね、運ばれてきたブタ丼
ひと口食べて「ウマっ!!」と心の中で呟いたよ!
マジ、美味かった。

丼ぶりものは、ガツガツ食ってこそ美味いと思うのだけど、この時ばかりは無くなってしまうのが惜しくて、ゆっくり味わいながら食べたよ!!

満足の一杯。
食べ終えて店を出る時には、行列が出来ていた!!

「泣こかい?飛ぼかい?泣っよかひっ飛べ!」

俺の故郷、鹿児島のことわざ。

(崖の上で)
恐いから飛べない・・・と泣くか?
思い切って飛ぶか!?
泣くくらいなら飛んでしまえ!

という意味。
これって、いろんなことに当てはまるんじゃないかな!!

人生という道を歩いていると、必ず大きな困難が立ちはだかる時がある。
困難に立ち向かった時に、何を考え、どう行動するか?!

100人いたら100通りの考えと行動があると思うけれども「思考は現実化する」なら、なるべく楽しくポジティブな考えを選択するべきだね。
だって、何を考えるかは自由なんだから・・・

無理!無理!無理!って考えたら、困難は乗り越えられない。
何とかなるかも?!って考えたら、何とかなるもの!

人は実現可能なことしか考えないんだって・・
つまり、不可能なことは思考すらしないってこと。

今、還暦の俺が大リーグに挑戦しようなんて考える余地さえなく、まあ草野球くらいならまだやれるかな!は考えないでもない。
つまり、草野球をやりたいと思えば可能性は充分あるってこと。

この困難を乗り越えたら、南の島でゆっくりしよう!・・・とイメージ出来る人は実現可能な人。
どうせなら、楽しくてワクワクするようなことを考えた方が得だよね。

晩年を迎えたお年寄りに、
「あなたが後悔していることは何ですか?」
とアンケートした結果で一番多かったのは、

チャレンジして失敗したことよりも、『何も行動を起こせなかったこと』が断トツ一位。

挑戦するのが怖くて泣いている人!
思い切って飛んじゃいなよ!

今までと違う景色が、きっと見られるはずだぜ!!

toku

奇跡の一枚

2019年2月20日

この日は、札幌から苫小牧へ向かっていた。
その通り道の支笏湖。

湖面がまるで鏡のように景色が逆さまに映り込んでいた。
色々な気象条件が重なったんだと思うけど、何より無風だったのだろう!
その証拠に、この写真を撮った数分後、少し風が出てきた。
すると、湖面が波立って鏡は消え、いつも支笏に戻ったから・・

この道は100回以上は通っているけど、こんな景色を見たのは初めてだった!!