「ラストメール」 その三十 徳満耕史著

本心では、紗希と一緒に居たい気持ちが強かった。
これから先また変な男が紗希に近づいて来ないとも限らない。
それならば、自分の腕の中で守ってあげたいと思う。
何より、今聞いた紗希の真摯な言葉に心を動かされた。

「俺も、会社を潰して一からの出直しだし、 紗希も長い呪縛から解放されて新しい人生が始まる時。
一緒に力を合わせて頑張ってみるか」

「本当、秀雄さん?!」

紗希はみるみる目に涙を溜めて泣き出してしまった。
しばらくすすり泣きがが続いた後・・・

「不束な女ですけど、宜しくお願いします」

と、明るく笑っていつもの紗希に戻った。

食事が終わると、同じフロアーのバーに移り、久しぶりに痛飲した。

「秀雄さん、覚えている?
秀雄さんが、九州から何故北海道に来たのか教え!って言ったらもう一晩泊まってもらわないと話せないって言ったのを!
その話、今日聞かせて頂けないかしら?
つまり、秀雄さんの部屋に泊まっていい?」

「まさか今日、紗希と付き合うなんて約束とは思ってもみなかったから、部屋は散らかり放題だし又改めてゆっくり会おう。
今日は色々あったから、俺も紗希も疲れているし、変態野郎から解放されたんだから、家に帰って大の字になって寝たら。
俺も、今日は約束を果たせたからゆっくり寝たい気分だよ。」

「そうね、残念だけど秀雄さんつかれているものね」

「その代わり、北海道に来た理由を簡単に教えてあげるよ」

「いいの!興味津々」

「あまり、期待しないで!たいした話じゃないから・・
高校の最後の記念に貧乏旅行しようと思ってね!
途中、大阪とか東京とか途中下車しながら北上して、青函連絡船を降りて北海道に着いた時は、ポケットに50円しか残っていなかった。
無賃乗車して大沼公園駅で降りて線路を飛び越えて・・・
その夜は民宿に飛び込んだ。
同部屋の人は、北海道大学の学生さんで、卒業論文で駒ヶ岳の生態系を書く調査のために毎日駒ヶ岳に登っているとのこと!
他にすることもなかったから翌日、学生さんと一緒に登らせてもらったんだ。
その時見た景色は忘れられない!
すっかり北海道の景色の虜になってしまった。

その時、学生さんに無一文で泊まっている事を白状したんだ。
すると、翌日の朝、民宿の女将さんから呼ばれて・・・
『学生さんが、貴方の宿泊費全額出すって言うけど、どういうこと?!』って聞かれたんだ。

観念するしかなくて、一部始終話したら、民宿の女将さんが、宿代は要らない上に早く帰って受験勉強しろって帰りの旅費まで出してくれたんだ!
学生さんや、女将さんの気持ちが嬉しくて、東京進学希望だったのを急遽北海道進学希望に進路変更した。
学生さんや、女将さんだけでなく、何だか北海道全体に恩返しがしたくなってね!
当然、九州に帰ってからは、直ぐにバイトして、民宿の宿代と立替えてもらった旅費分は返したよ」

「へー、そんな事があったんだ。
だから、ホームページも北海道のために!ってこだわったのね!
秀雄さんらしいわ・・
でも、昔から無茶苦茶なことをする人だったのね」

「そうかな?
そんなに無茶苦茶なことなんて全然思わないけど」

「普通、高校生が無銭旅行で九州から北海道まで行こうなんて思わないわよ」

「人を、変人みたいに言うなよ!
その変人とつき合いたいって言ったのは紗希だぞ」

「だから、そばに私が居ないとダメなのよ」

「ははは、わかったよ、よろしく頼む。
ちゃんと、部屋を片付けて掃除しておくから今度遊びにおいで」

「わかったわ、残念だけど今日は帰るわ・・
近いうちに、招待してくださいね」

塩まみれ

会社の中が大変なことになっている。
本来の会社の業務ではないのだけど、大切なお取引先の専務様より頼まれた仕事。

15kgに圧縮された「羅臼産の雑昆布」を1kg入りのビニール袋に詰め変えて、それを10袋、別な段ボールに詰める仕事なんだけど、これが大変。

1kgの袋入りの昆布を作るも腕力、体重をかけて圧縮するので、相当な力仕事。

その上、昆布からは塩が吹いているので、作業中は頭も服も塩で真っ白。
細かい傷には塩が入ってチクチク痛いし・・・

・・・で、この昆布の使い道は?!

北海道の人なら知らない人はいない「西山ラーメン」のだし昆布に使われるんだとか・・
確かに納品先は「西山ラーメン」の工場。

西山ラーメンを食べている貴方!
そのスープは、もしかして俺の会社で詰めた「羅臼昆布」がらだしを取っているかも知れないぜ!!

 

「ラストメール」 その二十九 徳満耕史著

服を脱がせると、赤ちゃんがおしめを替える時のポーズや、四つん這いでお尻の穴が見えるポーズなど何枚かの写真を持ってきたデジカメで撮った。

「変態野郎
紗希が味わった屈辱を少しは感じてくれたかい?
今後、少しでも紗希に接して来たり、ネットで紗希の投稿写真が残っていたりしたら、さっき押収したパソコンや携帯のメールアドレスの全員に、今写した恥ずかしい写真を送ることになるから、気をつけて行動してくれ」

「気を付けるのは、あんたの方だよ。
紗希を助けたつもりだろうけど、大変なことになるよ。
紗希と関わりを持った男で幸せになった奴はいないから。
前のストーカー男は、結婚・離婚して最後は頭がおかしくなって自殺した。
紗希から言い寄られて、その気になって離婚したサラリーマンも一人や二人じゃない。
PCスクールの生徒の童貞の男の子や、おじいちゃんまで紗希にたぶらかされ・・・
この前のレイプ犯だって、鼻の骨を折られて曲がったままになってしまい見られた顔じゃなくなった。
いつかは、僕にも不幸が襲ってくると思っていたけど、それが今日だったんだ。
あんただって、紗希に入れ込むなら気をつけた方が良い。
これだけは、忠告しておくよ」

「確かに、紗希に関わった男性はあまり幸せになっていないのかも知れない。
今お前が言ったことは、紗希から直接聞いて知っている。
でも紗希をそんな女性にしてしまったのはお前らだろう!
自分の事は棚にあげて、すべて悪魔の行状のせいにして責任を逃れようたってそうはいかない。
よく覚えておけ。
今日は、これくらいで済んだことを感謝しろよ」

押収したダンボール箱はレンタカーの荷台に積み、不燃ゴミの処分場に運びその日のうちに綺麗に処分した。
手元に残ったのはレイプ犯から身を守るためのビデオだけだった。

その日は、夕食を一緒にする約束をしていったん別れた。
その夜は、以前良く接待で使っていた高層ホテルの最上階の和食の店で紗希と食事をした。

「こうして、おしゃれしている紗希を見るのは初めてだね。
今までも、綺麗だと思っていたけど、今日は一段と綺麗だ」

「ありがとう、お世辞でもすごく嬉しいわ。
ずっと、ストーカー彼氏から今の彼氏と付き合っている間、こんな雰囲気のあるレストランでお食事したことが無かったから憧れだったの。
それに、今日は長年の呪縛から秀雄さんが解放してくれた記念の日だから、
お昼に別れてから直ぐにお洋服買いに行ったのよ。
普段は、高い服は買わない主義だけど今日は特別。
秀雄さんに一番綺麗な私を見てもらいたくて奮発しちゃった」

「今日の紗希なら大統領でも惚れちゃうかも。
一緒に食事出来るだけで光栄だよ」

「秀雄さん、前の彼と別れたら秀雄さんの彼女にしてもらう約束忘れてないでしょうね。
私はそのつもりよ、迷惑?」

「紗希みたいな若くて綺麗な女性を彼女に出来たら、男冥利に尽きるけどそう簡単にはいかない」

「会社を潰して、色々な人に迷惑かけたのに俺だけが、またいい思いするのもどうかと思うし、別れた妻と娘のことも慎重に考えて行動しなくてはならない。
何より紗希はまだ若いし将来がある。
歳相応の素敵な彼氏を見つけることが、紗希の幸せだと俺は思う。
だから、俺は紗希の幸せな姿を見守っているよ」

「秀雄さん、折角の記念の日に悲しいことは言わないで。
何回も同じことを言うようだけど、歳の差なんて全く関係ないし、お仕事のお手伝いも一生懸命する。
奥さんや娘さんにも解かってもらえる様に努力するわ
だから、秀雄さんの彼女にして下さい」

「ラストメール」 その二十八 徳満耕史著

変態野郎のアパートの部屋に行き呼び鈴を押した。
ドアが開いたと同時に、足をドアの内側に入れ、体を部屋の中にすべりこました。
部屋の主は、いきなり男が部屋に入ってきて驚いた様子だったが、後から紗希が入って来たのを見て状況を理解したようだった。

「こんにちは、変態君。
今日は、紗希と別れてもらいたくて一緒に来た。
素直に言うことを聞けば、手荒なマネはしない。
けれど、抵抗するなら容赦はしない。
俺は、君とは初対面だけど、
君は俺のことを知っている筈だからね」

「貴方の目は本気ですね。
又、悪魔の餌食が一人増えたということですか。
あの男のように鼻を折りたくないので、抵抗はしません。
なんなりとどうぞ」

「まずは、レイプの時のビデオ。
そしてそのコピーしたものがあれば全部出してもらおうか」

このビデオでの証拠は、レイプ犯がもし接触してきた時の盾になる。
レイプ犯が脅迫してきても、警察にこの証拠を差し出すと言えば手出し出来ない。
変態君がレイプに関する記録ビデオ・DVDを差し出した。
それを、担いできたリュックに詰め込んだ。

紗希に、用意してきたダンボールに、部屋にあるレイプビデオ以外のあらゆるビデオカセット・DVD・USB・CD・フロッピー・デジカメ・外付けHDなどの全ての記録メディアを詰めるように指示した。
おびただしい数のビデオやDVDは段ボール箱10個ほどにもなった。

変態野郎は、紗希に関係のない仕事やプライベートの大切な資料もあるから全部持っていくのは止めて欲しいと懇願した。
しかし、いちいち中身を確かめているヒマはないし、今までにしたことを考えれば、これ位の犠牲は当たり前だと一蹴した。

記録メディアをすべて押収した後はパソコンだ。
まずは、メールソフトを立ち上げて、変態野朗のメールアドレスのデータを自宅のパソコンに転送した。
送受信記録をすべて削除した。
さらに、変態男の携帯電話を取り上げ携帯電話に登録されているメールアドレスをSDカードに移し押収した。
更に、パソコン同様送受信記録をすべて削除した。

パソコンのデスクトップに堂々と、投稿サイトのURLをまとめたファイルを収めたフォルダがあった。

「変態君、ネットを立ち上げてくれるかな。
立ち上がったら、紗希の写真や動画を投稿しているサイトを全部開いてもらおう」

サイトをひとつひとつ開いて、投稿されている紗希の写真や動画をすべて削除した。
これには、かなりの時間を要した。
否応なしに、紗希の写真や動画を見なくてはならなかった。

ネットの世界では人気者と言われる訳が理解できた。
清楚で大人しい顔立ちに、透き通るような白い肌。
息を呑むほどの完璧なプロポーションは、男なら誰しも虜にされてしまう魔力を秘めていた。
女神のような姿の女性が、あわれもない淫らな姿をさらしているのである。
男たちには垂涎の的だろう・・・

投稿サイトの写真と動画をすべて削除し終えると次はパソコンの中だ。

「紗希、パソコンを初期化してくれ」

変態君の顔色が変った・・
多分、隠しフォルダがあるのだろう。

「秀雄さん、初期化終わったよ。
このパソコンは、買ったばかりの時に戻ったわ」

念のために、ハードディスクは抜き取って没収した。

部屋の隅々まで探して、他にパソコンはないか、携帯はないか、デジカメはないか、ビデオはないか探したが、他には何もなかった。

長い間、紗希をクサリのように縛っていた元凶はすべて解かれた。
変態野郎は、声も無く床にへたり込んでしまった。

「変態君、休むのは早いよ!
悪いが着ている服を全部脱いでもらおうか」

冬将軍 来襲

一昨日は仕事で苫小牧へ。
この日は今シーズン、初めての本格的な雪。

道中あちこちで、路肩から落ちた車、中央分離帯へ乗り上げた車、坂道を登れなくて立ち往生しているトレーラーなどを見かけた。

写真は苫小牧の道の駅で、事故車を搬送するJAF。
多分、これが寝雪になるだろうね!

来年3月まで長い冬が始まった。

エレキギター

メルカリで本を売っていたら、そこそこの金額になり、お金を振り込んでもらうより、それで何か買おうと物色していたら・・・

あった!
エレキギターの超お買い得セット。
ギター&アンプ&ケース&スタンドで、ほぼ未使用!!

それが何と・・・・・¥16,500-

夏からアコギを始めてみて、弾き語りよりソロ演奏の方が面白いかも?!と思い始め、エレキが欲しいなあ~~、でも高いしなあ~~!と思っていたところ・・

引き寄せの法則って本当にあるんだ!

欲しいと思ったら、願いどおりのタイミングと予算で商品が手に入るなんて!!

英霊に感謝

言っておくけど、俺は右翼でもなければ自民党員でもない。

子供の頃は、親が共産党支持者だったから新聞は赤旗、「前衛」だかという難しい本を読まされた。
つまり元はバリバリの左側で、民主党が政権をとった時は「これで日本が良くなる」と思ったくらいだ。

・・・が、あの民主党のブザマな体たらくぶりを見せつけられ、ホントがっかりした。

丁度そのころ、知覧や鹿屋で「特攻隊員」の遺書を見る機会があった。
まだ20歳前の青年が、見事に綺麗な文字で綴った遺書には、家族を思い、その家族のために日本を守る気概と誇りが満ちていた。

戦争を美化したり、特攻作戦を擁護するつもりはない。
どんな理由があるにせよ、戦争は行ってはならない。

しかし祖国を守るために散った英霊には、深く感謝し敬わなければならないと思う。

一部の国では日本のことを「戦犯国」、旭日旗を「戦犯旗」と呼ぶ。
被害を被った国では、そう思うのが当然かもしれないが、その国には真摯に謝罪し、「戦犯」という汚名は雪(そそ)がなくてはならない。

周辺国の理解も得て、何の気兼ねもなく「靖国神社」へお参りが出来る日が早く来ることを願う。

画象は、某施設へのプレゼン用のデザイン画。
もし見かけたら買ってね!!

 

「ラストメール」 その二十七 徳満耕史著

『言っておかなくてはならない事があります』

ありがとう。
秀雄さん。
大切なことを内緒にしていたの。
彼の家に行く前に言っておかなくてはならないことがあります。

あのね、あの夜のレイプの件、私、最初から知っていたの。

彼が、一度レイプしてみたいって言い出したのね。
必死になって嫌だって言ったのに、聞き入れてくれなかった。
いつもの様に最後には、恥ずかしい写真を私の友達や身内にメールで送るって脅かされて、言うことをきくしかなかったの。
あの公園は家族やお友達と、夏になるとバーベキューをやりに行っていたから、良く知っていたの。
夜は誰も通らないことは判っていたし、とても広いから少しくらい騒いでも誰にも聞こえない。
彼があの公園ならいいだろう?って言うからつい、それならって言ってしまったの。

彼が、目的を果たしたら彼の部屋でお風呂入って着替えて帰るつもりだった。

でも、予想もしていない事が起こったの。
秀雄さんが闘ってくれた男は彼じゃないのよ。

てっきり、彼が擬似レイプみたいなことをするのかと思っていたら、全然知らない人が襲ってきたの。
本当のレイプだと分かったから、びっくりして本気で抵抗したわ。
彼は、私が襲われている姿をビデオや写真に撮って、例のサイトに投稿するつもりだったらしいのよ。
普通の写真じゃ反響が少ないので、レイプされている私をリアルに撮りたかったって・・・
後で聞かされた。
サイトでレイプしてくれる男を募集したみたい。

『反吐が出る』

いよいよ人間のクズだな。
それじゃあ、近くに変態野朗がいたんだ?

『多分』

そう、近くでビデオ撮っていたと思うわ。
そこに秀雄さんが現れて私を助けてくれたから慌てたみたい。

『それじゃあ』

その後、俺が紗希を部屋に連れて行ったことは知っているの?

『多分、知らないわ』

秀雄さんがレイプ犯の鼻を折って助けてくれたと同時に逃げて帰ったって言っていたから・・・
私と秀雄さんが今もこうして連絡取り合っていることも知らないわ。

レイプ犯からはあの後に連絡が来て「鼻が折れたけど病院には行けない。だからその分の慰謝料出せ」って言われたらしいわ。
でも払ってないみたい。
しつこくたかられたみたいだけど、脅すならビデオを警察に見せるぞって逆に脅したみたい。

『事情は判った』

クズ共がやりそうなことだな。
どっちにしても良い死に方は出来ない連中だよ。
紗希は、早くこいつらと縁を切らなきゃダメだ。

その週の週末、もう二度と会うまいと思ってカレー屋さんで別れてから三ヶ月ぶりに紗希と落ち合った。
動きやすい服装で来てくれと昨日メールで言っておいたけれども、着てきたのはあの日の朝買ったデニムだった。

「久しぶり、あの時のデニム履いてきたの?!」

「そう、あの時のTシャツも中に着ているのよ。
おうちに居る時は、いつも秀雄さんが買ってくれたTシャツとデニムよ。
何か、守られているようで安心するんだもん。
今日もきっと上手く行くと思うわ」

「そうか、上手くいくと良いな。
じゃあ、変態野郎と決着をつけに行くか」

約束手帳

来年、2019年の手帳を買った。
・・・が、恥ずかしいことに毎年手帳は買うんだけど、ほとんど使わずに捨ててしまうことが多い。

と言うのも、出張や旅行の宿の予約、航空券、JR/バスの乗車券は100%WEBで取る。
なので、予約完了メールを旅行フォルダに振り分けておけば、完ぺきにスケジュール管理は出来る。

商談や飲み会、セミナー・催し物等も同様、メールをそれぞれのフォルダに振り分けているので、わざわざ手帳には転記しない。

このやり方で、過去、一度もアポをすっぽかすこともなければ、旅程が狂ったこともないので、これで良いと思ってる。
いわゆるメモや備忘録もパソコンやスマホに書き込むので手帳はいらない。

じゃあ、何で手帳を買うの?と突っ込まれそうだけど、ただ一つ重要な役割があるので、そのためだけに買うと言ってもいい。

それは「約束手帳」

それは、何の根拠もなくアテがなくても先に予定を入れる。
そして、入れた予定は必ず実行する。

普通、海外旅行や大きな買い物は「希望・願望」で終わってしまうことが多い。
貯金がたまったら、お休みが取れそうだったら、一緒に行く人が居たらと、条件をつけて自分を縛ってしまう。
そして結局、実行できずに先延ばしにしてしまう。

俺の場合は、まず決める。
そして必ず実行する。
(身内の不幸があった場合とか、怪我や病気で自分が入院しているとか、のっぴきならない事情がある場合を除いて)

今年の場合は、10月に北京にいくことと、11月に同窓会で鹿児島に帰省することだけは先に決めていた。
切符や宿は、後からでも良いから先に日程だけ決める。
実は、本業の業績が芳しくなく金銭的にも苦しい資金繰りが続いていたので、何度も止めようかと思った。
でも自分で決めた約束は守った。

先に決めてしまうと、どうなるか?!

航空券も宿も売り出し直後、一番安い時に買うことが出来る。
仕事も、その期間不在でも大丈夫なように準備をしておける。
(サラリーマンなら、早めに休暇を申告しておく)
金銭的なことは、普段の無駄使いをやめ、節約を心掛ければ捻出は可能だし、不思議と臨時収入が入ったりすることも多い。

実現する流れが出来きる。

「先に決めてしまう! 決めたら何が何でも実行する」
自分との約束であり、その証として手帳に書く。

さて来年は、何を自分と約束しようか・・・それを考えるのも至極の楽しみ。

このやり方は、小さな夢を叶えるには、確実な方法なので是非試してみてはどうだろう?!

「ラストメール」 その二十六 徳満耕史著

会社が倒産した以降、今の自分は以前とは正反対の生活をしている。
やっと食べてゆける収入でしかなくなった。
しかし仕事の後のビールがこれほど美味しかったのだといまさら知った。

いろいろな場所でホームページの取材していると、一つ一つの商品や農作物、料理に溢れんばかりの愛情を込めて作っているのかも知った。
たとえ、金銭的には恵まれなくても、幸せいっぱいに暮らしている人も多く見てきた。
ストーカーや変態オタク、モラルのないドライバー、間違った方向に舵をきったこの国の将来を案ずるようにもなった。

今の仕事は紗希が商品を選び、それを納品するだけ。

社屋の建設費も、社員の給料も、借入金の返済も、OA機器のリース代金も、車両費もガソリン代も何も必要なかった。
さほど多くない売り上げでも、引かれる費用が極端に少ないので多くの粗利益が出る。
今までの自分は、ずいぶんと多くの物を背中に背負い込んでいたんだなとつくづくと思う。
重い荷物を全部降ろした今、初めて人の幸せが何であるか判ったような気がする。
それを気付かせてくれたのが紗希だった。

期せずして復帰した以前の仕事も、ホームページの構想もようやく一段落してきた。
腕の傷も治り、指の骨折も痛まなくなってきたので、そろそろ紗希を変態オタクから救い出さなくてはならないと思い始めていた。

『そろそろ』

腕も指の怪我も痛みが無くなってきたし、仕事も順調に推移して落ち着いてきた。

『良かった』

秀雄さん病院に行かないから、指が変になっちゃたらどうしようって本当に心配していたのよ。

『約束していたこと』

例の変態オタクとそろそろ決着つけようか!

『本当なの』

すごく嬉しいけど、そんなに簡単にいくかしら?
秀雄さんの身にまた何かあったらと思うと何か複雑な気持ち。

『気にしないで』

紗希のお陰で逃げていた人生から、正面を向ける人生に戻ることが出来た。
その恩人がネットで恥ずかしい写真を晒されているのを放っておけないよ。
それに紗希のお陰で、メーカーさんもお得意先も、多くの利益を手にすることが出来るようになった。
みんな紗希には宜しくって言っているよ。
その人達の分も、紗希には恩返しをしておかないと・・・

『ありがとう』

秀雄さんがそう言って下さるのなら、ぜひお願いするわ。
その前に、一つだけ約束して。
今の彼と別れることが出来たら、今度は秀雄さんの彼女にしてね。

『それはどうかな』

俺と紗希の歳の差を考えろよ。
俺のみたいなオジサンじゃなくて、若くて誠実な男を見つけた方がいい。

『無理』

前にも話したけど、私は男の人って結局はみんな同じだと思っているの。
でも、秀雄さんだけは違う。
上手く言えないけど、暖かくて安心出来ると言うか、何も迷わずについていけるそんな人なの。

『買いかぶり過ぎ』

彼女うんぬんは別にして、紗希とは人としてずっと付き合っていきたいと思っている。
それに紗希が居なくなると、困る人が多くなったしね。
これから、ホームページを作るに当っては、いろいろと助言してもらいたいし、解らないことは教えてほしい。
これからもよろしく頼む。

『わかったわ』

じゃあ、ちゃんと彼と別れられる様にして下さいね。
その代わり私の出来る事は何でもお手伝いするわ。

『任しておけよ』

紗希は俺の後ろで、言われたことだけをやってくれれば良いから。