「ラストメール」 その二 徳満耕史著

秀雄がその場で見たものは、ブラウスの前は引き裂かれ、ブラジャーはたくし上げられて白い乳房がむき出しにされている若い女性だった。

(佳織ではない、良かった)

白いブラウスとスカートは土と草で汚れ、半袖から出ている細い白い腕もかすり傷を負って血がにじんでいる。

男は今まさに、スカートをまくりあげ、鬼の形相でパンストとショーツを一緒につかみみ引き下げようとしているところだった。
しかし、女性も必死に抵抗し、それを許さない。

「何しているんだ!」

声が震えていた。

「お前、誰なんだよ?」

男がこちらを向き、怒声をあげた。

「誰でもいいだろ、女性を離してやれ!」

更に声がうわずって震えている。

「うるせいんだよ、おやじ!
俺が終わったら、オッさんにもやらせてやるからその女の手押さえてろや・・・」

喧嘩の力量を瞬時に見切ったのか、相手の男の声には余裕がある。

男がこちらを向いて油断した隙に、組み敷かれた男の腕を振払い、女性が逃げた。
男は動けない。
すでにデニムを膝まで下ろしていた。

女性は、築山の裏の闇の中に消えた。

男はデニムを履き直しこちらを睨む。
邪魔され目的を果たせなかった怒りか、そもそも人を傷つけるのが趣味なのか、薄気味の悪い笑顔を浮かべ、登山ナイフの刃を上に向けて秀雄の前に立ちふさがった。

後ろを見せて逃げたら刺される・・
やるしかない・・

秀雄は中学の頃から結婚するまでサッカーをやっていて、厳しい練習に鍛えてきたので、体力には少し自信があった。
46歳になった今でも、ジムで鍛えているので、無駄な脂肪はなく締まった体をしていた。

(歳はとっても、多分体は覚えているだろう。)

相手は20代前半位だろうか?
いかにも、ケンカ慣れしているような、しなやかな体つきをしていた。

男は、間合いを詰めナイフを持つ右手を突き出してきた。
一寸でのところでかわしたが、酔った体では何度もかわす事は無理だろう。

(いつかは刺される)

恐怖が頂点に達した時、体が動かなくなった。
相手の動きはハッキリと見えているが、体が反応しない。

ナイフが突き出された瞬間、間一髪右手が動き、右胸に刺さるはずのナイフの刃先が、二の腕の肉を裂いた。

激痛が走り、熱い液体が腕からわき腹に流れた。
血を見て、一瞬男がひるんだ。

(チャンスだ)

夢中で組みつき、ナイフを持っている男の右手を両手でつかんで、思いっきり捻った。
運よく男の手からナイフが落ちた。

(これで死ぬことはない)

恐怖心はなくなり、体も自由に動くようになった。

何度も相手のパンチをもらい、地面に這いつくばると、蹴りを入れられた。
それでも無我夢中で腕をふりまわしいたら、一発のラッキーパンチが男の頬と鼻の間に当たった。
久しぶりに拳に感じる骨と骨がぶつかる痛み。
グシャという音。

男の鼻からおびただしい血が噴き出した。
男の服は真っ赤に染まった。

多分、鼻の骨は折れたのだろう。
男の戦意は消失した。

(助かった)

くるりと背を向けと、男はとぼとぼと出口へ歩き出した。。

ナイフで刺された右手の怪我はさほど深くはなさそうだが、体中が痛み、口の中は切れ、手足は土にまみれ擦り傷だらけだった。

深刻なのは最後に相手の鼻の骨を折った右手の指だった。
ズキズキと痛み、早くも腫れ始めている。
多分折れているだろう・・

「何でこんな目に、俺があわなくちゃならないんだ」

と独り言をつぶやくと、背後から女性の声がした。

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由 杉本宏之著

早すぎた栄光、成功の罠、挫折、どん底、希望・・・・・・

経済小説を超えるリアルストーリーに絶賛の声!
「彼の経験は、すべての経営者にとっての教訓だ」――藤田晋
「150%の力で走る起業家の現実を読んでほしい」――堀江貴文

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。
どん底から再起動へと歩む青年経営者は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか?

アマゾンより

賛否がハッキリ分かれる本だね。

24歳で起業して、不動産業界史上最年少で上場を果たすとは、常人ではあり得ない才能と努力があったからに他ならない。
その点は、素直に称賛に値すると思う。

2008年リーマンショック以降、業績が悪化しだして、2009年に会社は民事再生、自身は自己破産。

俺も経営者の端くれだから、会社の業績が悪化して負債がどんどん増えていく時の恐怖は経験として良く分かる。

そこからの復活劇は見事だけど、迷惑をかけた人への償いが欠けているような気がする。
(本には記述していないだけかもしれないけれど)

これから起業するという人には、倒産も想定内に入れておかなくてはならない教訓にはなると思う。
ただ、起業にあまり関心のない人には、多少鼻につく自慢話の自叙伝とも読める本だね。

「ラストメール」 その一 徳満耕史著

事業に失敗し、妻子とも別れ、何もかもなくしたが再起を目指すストイックな中年オヤジ!
付き合った男がストーカー・・・男性不信に陥った若くて美しいパソコン・イラストレーター!

ある事件がきっかけで二人は出会う
その後に待ち受けている衝撃の出来事とは?

『ラスト・メール』 トク著 2006年8月25日 初刊発行

「今日は帰りは遅いの?」

(それにしても、パパの部屋、汚なすぎだよ!
これじゃ、新しいお嫁さん来てくれないよ。
かわりに佳織がお掃除しておくね。
せっかく美味しいご飯作ってあげようと思って来たけど、また何処かでお酒飲んでいるのでしょう!
久しぶりに来たから、お父さんの顔を見てから帰りたいけど・・)

別れた妻に引き取られた、娘からのメールだった。
あいにくこの日は、大きな仕事を無事に終え、友人と二人でささやかな祝宴をあげていた。

「今、ススキノの居酒屋」
(佳織悪い!
今、仕事の打ち上げで飲んでいる。
折角来てくれたのに、申し訳ない!
前もって連絡してくれれば、真っ直ぐ帰ったのに・・
お母さんが心配するから、早く帰るんだぞ!
あのなあ、ちゃんと綺麗に掃除してくれる相手探すから佳織に心配してもらわなくてもいいから)

連日の徹夜仕事の疲れからか早く酔いがまわり、珍しく一軒だけで切り上げた。
時計をみるとまだ電車が動いている時間だった。

電車を降り、普段は通る事のない公園の中道を通り自宅へ向かう。

いつもは薄気味悪くて決して通る事のない公園の中を通る近道も、恐怖心より早く布団にもぐりこみたい気持ちの方が勝った。
この公園は、住宅街にありながら、近所の少年が野球をするための充分な広さのグランドとテニスコートがあった。

グランドに隣接して林に囲まれた場所にはパークゴルフ場が整備され、更にアスレチックフィールド、幼児の遊具までもが設置されいる。

小さな子供からお年寄りまで楽しめる広大な公園で、新興住宅地の憩いの場所となっていた。

バーベキューが出来る場所もあり、初夏のこの季節、休日ともなると近隣の住民だけではなく、かなり離れた所からも大勢の家族連れが集まり、ビール片手に北海道ならではのジンギスカンを楽しむお父さん達の姿が多く見られた。

冬には、そりで滑ったり、スキーの練習をしたりする為の築山も造られている。

昼間は子供からお年寄りまで多くの人で賑わうこの公園も、夜ともなるとその広さゆえ、暗くしんと静まり返っている。
屈強な男性でも近寄るのをためらう程の不気味な雰囲気を漂わせており、日没後に公園を通る人はほとんどいない。

下仮園秀雄は、友人の会社が主業務としているホームページ製作の下請け作業を、収入源としていた。
大口の仕事の納期が迫っており、その為ここ連日徹夜が続き、心身の疲れは限界に達していた。

その仕事も納期期限の本日ぎりぎりに、納期に間に合った。

娘からメールが来たその時間は、居酒屋で飲んでいた時だ。
大きな仕事を終えた安堵感と、久しぶりの酒が体の隅々まで染み渡り、店を出る時にはすでにけっこう酔いがまわっていた。

電車の中では強烈な睡魔に襲われた・・。
どうにか寝過ごす事無く電車をおり駅を出たが、足元はふらついている。

月明かりに照らされた公園の木々は新緑に彩られ、初夏の爽やかな風に揺れていた。
酔って上気した顔に当たる風が気持ちよかった。

公園の中道をフラフラと進むと、築山の裏のパークゴルフ場で何か動く気配を感じた。

胸の動悸が激しくなり、今にも走って逃げ出したい衝動をかろうじて抑えて、早足で通り過ぎようとしたその時、

「やめて!」

と女性の泣き叫ぶ様な声が聞こえた様な気がした。
足を止め、耳をすますと確かに

「やめて、お願いだから」

と懇願する女性の声が聞こえた。

夜、この公園を一人で歩く度胸のある女の人はまず居ない。
では、露出癖のあるカップルが、誰も来ないと見越して変態なプレイを楽しんでいるのだろうか?

いつもなら、ひとつ見物でもさせてもらおうかとスケベ心が沸くところだが、今日は一刻も早く、横になりたい。

(やめとこう)

と思い、又歩き始めたその時、白い物体が立ち上がったと思ったらまた倒れる姿が目に入った。

(間違いないレイプだ!)

助けに行かなくては・・・

(いやいや面倒な事に巻き込まれるな・・・
下手したら怪我だけじゃ済まず、殺されるかも知れないぞ!)

逡巡する心の声・・・・

(ひょっとして、娘の佳織だったらどうする?)

ふと嫌な予感がした。

今日、娘の佳織が来ているのは、メールで知っている。終電の時間まで帰りを待って、止むを得ず公園を通ったとしたら・・・

その予感がよぎった瞬間、もう走り出していた。

 

 

 

 

道具箱はささやく 長岡弘樹著

1話10~20ページほどの、ショートショートミステリーが18編収められている。
あまり本を読まない人でも、1話10~15分位で読めるので、ちょっと時間が空いた時の時間つぶしには丁度いい!

短編集と言えども、気づきあり、ワクワクドキドキあり、涙あり!
長編小説を書き込む作家さんも凄いと思うけど、たった20ページ程でプロットを完成させる技も凄いと思う。
しかも、18編すべてが全く違うストーリー、登場人物、シュチエーションで、まるで18人の作家が書いたのを集めたのか?と思うほど、1話1話バラエティーに富んでいる。

本好きの人はもちろんだけど、何か本は読みたいけど、何を選んだら分からない?!という人には、是非、お勧め!

ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。 湯澤 剛著

もし貴方が、超一流企業に勤め、世界を股にして歩くエリートサラリーマンだったら・・・
急逝した親父の会社を引き継ぎますか?

しかも、年商20億に対して借金40億。
銀行からは「完済には80年かかるでしょう」と言われたら・・・

「会社」と呼べないほどの崩壊状態。
居酒屋でありながら、料理人は2階の座敷で麻雀三昧。
注文が入った時にしぶしぶ下りてきて料理作るような体たらくな店。

やっと調子が上向いたと思えば、店の火事、ベテラン社員の死、食中毒事件と、驚くべき不運が続く。

飲食店経営など全く知らぬ筆者が不屈の精神で、見事、借金返済までのノンフィクションストーリー。

俺も額こそ違うけど、大借金して、銀行・税務署・年金事務所・クレサラ・ノンバンク、まあっ「闇金」以外のあらゆるところから借金して、常に追い込まれていたから、借金経営・筆者の辛さは誰よりも良く分かる。

「逃げなきゃどうにかなる・・・」
「死ぬこと以外はかすり傷」

先輩経営者のアドバイスを力に頑張ってきたけど、湯澤氏からも大きな力を頂いた。

平凡に生きてきた人には、この本を読んでも他人事にしか思えないと思う。
人生、唇をかみしめて苦難を乗り越えようとする人には、大きな励みになる本だと思う。

是非、一読あれ!!

見知らぬ妻へ  浅田次郎著

「見知らぬ妻へ」

浅田次郎さんの小説で、偽装結婚で日本に不法滞在した中国女性の悲しい話。

同様の内容で「ラブレター」という小説もあります。
映画化されたので観た方も多いんじゃないかな?!

ホームレスやいわゆるチンピラと呼ばれる連中が、50万位の報酬で中国女性と偽装結婚をします。
もちろん、会うことはほとんどありません。
中には、2~3日形ばかり新婚生活をする場合もあるようだけど・・

中国女性は、場末の飲み屋で働かせられます。
中国を出るとき、彼女の家族にお金を渡しているので、その借金返済の為という名目で働かされるのだけど、給料の額だって、利子だって勝手に決めるんだから、いくら働いたって借金は減らない仕組み。

まあ、死ぬまで自由になることはないので体のいい人身売買といっていい。

彼女たちは売春を強制させられ一日に何人もの相手をさせられ、日本人の男は、普段出来ないような悪辣なことを、まるで玩具のように中国女性を弄びます。

彼女たちは、病気になっても病院に行くことは出来ません。
ほとんどの場合、性病に冒されて短い人生を終えるのです。

唯一、彼女たちを救う方法は警察が不法滞在を摘発して中国人女性を強制帰国させること。

・・が、彼女達は日本人と結婚しているので、強制帰国させて救ってやることが出来ないのです。

「見知らぬ妻へ」は、ある日、突然地方の警察から奥さんが死んだので遺体を引き取りに来てくれと連絡がはいります。
そう、会ったこともない偽装結婚した奥さんです。

「ラブレター」は偽装結婚して数日、一緒に過ごした夫に宛てたラブレターです。
たった、数日の新婚生活がとても楽しかったと金で戸籍を売った男性に宛てたラブレター。

貧しさの後進国
強欲の日本人

哀しいね!

George Winston 『Autumn』 Longing Love

「Autumn」と言えば、真っ先に思い出されのがこの曲。

俺の記憶が間違っていなければ、夏の甲子園の出場校の紹介の時のナレーションのBGMに使われていた気がするけど・・・

横で聞いていた娘は「確か、お茶のCMのBGMだよね~~」って!
そうだったけ?!

確かに「夏の終わり~秋」の切ない感じはするよね!!

追記
あっ、間違い!
甲子園のBGMは、多分こっち
↓ ↓

どっちだっけ?

秋の気配

窓を少しだけ開けて寝ていたら、冷気で目が覚めた。
寒くて、全身毛布に包まって寝直し・・・

「秋の気配」がいつも間にか忍び寄ってきたんだな。
それにしても、季節の移り変わりが早く感じる!!

歳を重ねるって、こうゆうことなんだね!!

100回失敗、50億失ったバカ社長 杉山春樹

よくある「何度失敗しても、最後まで諦めなければ必ず成功する!」的な自己啓発書ではない。

間違いなく、何度も騙される「バカ社長」自伝。
その豪快な失敗ぶりに拍手を送りたい。

これも昭和の匂いがプンプン。
こんな豪放磊落な人物は、そうは現れないだろうな・・・

う~~ん、この本の面白さは「トム&ジェリー」に似てるかも?!

いつもジェリーにやられてばっかりなのに、懲りもせずにジェリーを追いかけまわす!
たまに勝ったと思った瞬間、どんでん返しで最後はやられてしまう。

でも憎めないトム!

『他人の不幸は蜜の味』と言うけど、この蜜はとっても元気を与えてくれる魔法の蜜かもしれない!!

北海道 美瑛

 

日本で一番きれいな道が美瑛だって、ユーチューブで紹介されていた。

北海道は、もう少しすると紅葉の時期。
秋の北海道もいいですよ!

是非、いらして下さい。