うかれ女島 花房観音

うかれ女島、別名「売春島」

題名から、下品な官能小説を連想する人も多いと思うけど、決してそうではない。
もちろん、いやらしいシーンも多く書かれているけど、卑猥とは感じない。

人は誰でも皆、自分の心の奥にしまった「性」に対する感傷があるのでは?
その、誰にも打ち明けることのないアンタッチャブルな、一種、罪悪感的な部分を共有し、哀愁と安堵を与えてくれる不思議な作品!!

何故、性風俗に職を求めなくてはならなかったのか?
また、その後の人生は?
最後の最後のどんでん返しも見事!

本の帯と、レビューも書いておきます。

帯より

体を売っていた。
その秘密に亀裂が。

平穏な生活が終わるー。

最もむき出しに、最も正直に、性と欲望を、禁忌を、恍惚を、
人間の尊さと愚かさを謳いあげた忘却不可能エンタメ小説。

届けられた支社のメモ。
主婦、託児所のオーナー、一流企業のOL、女優。
彼女たちの接点はたったひとつ。
「売春島」で体を売っていたことだけ。

ばれるかもしれないー。

娼婦だった母への憎悪で、胸が張り裂けそうな男もまた、
母を棄てた罪悪感と愛する者との未来への希望、ふたつの感情のあいだで、ゆれるー。

心と体を痛みが貫き、やがて快感に変わる。
戦慄の読書体験を、あなたに!

 

レビュー
女性の必読書

読んだ後、泣いてしまいました。切なくて、哀しくて、胸がしめつけられるようで。

小説の中で描かれているのは、女性なら多くの人が抱えていて(よほど恵まれた人や鈍感な人は別ですが)でも、普段は「無いこと」にして暮らしている心の闇、光の当たらない部分。

逃げ出したいけれど、逃げればどこまでも追いかけてくる女の心の闇に、向き合わせてもらえた本でした。

ここまで深い女の業とでもいうものを描いた作品には、なかなか出会うことができないと思いました。

悪女、娼婦として貶められてきたマグダラのマリアは、本当はマグダラのマリアはキリストの妻で社会的な勢力から悪女として貶められた聖女だという話を聞いたことがありますが。

この本を通じて「女の本当の幸せとは?」「いままで押しつけられたきた社会的な善を疑った方がいいのでは?」なんて考えさせられました。

ぜひ読んでみて下さい。
お勧めです。

ファースト ラブ 島本理生

本のタイトルだけ見たら、ティーンエイジャーの甘酸っぱい初恋物語と思いきや、第159回直木賞受賞作とある。

帯を読んでみると・・・
「動機はそちらで見つけて下さい」
父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生・聖山環菜の挑発的な台詞が世間をにぎわせていた。
臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、取材を始める。
自らも夫とその弟との微妙な関係に悩まされながら、環菜やその周辺の人々と面会を続ける由紀。
そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは?

おやおや、ミステリー?!

う~~~~ん、評価が難しいというか、評価が分かれる作品だなあ~~
正直なところ、最後の公判が始まるまでの間は、なんだかまどろっこしくて、さほど面白いとは思えなかった。

本筋に関係ない記述
細かすぎるディティール
文量がさほど多くないに登場人物が多い

でも、公判が始まってからの展開は予想外。
けど、ラストはさすが直木賞受賞作
きっちりとまとめて、納得させてくれるのは見事!

主人公をとりまく人物像も好感が持てて、読後感はスッキリ!!

これね・・
思春期のお子さんを持つ親御さんは、是非読んでおくべき本だと思うよ!

神メンタル 「心の強い人」の人生は思い通り

 

中を良く見ず、タイトルだけ見て買って失敗をする俺の悪い癖・・
また、やっちまった!

とは言え、自己啓発入門書としては、非常に良い本だとは思う。
アマゾンのカスタマーレビューでも、★5が87%だから、買って損はしないとは思う。

思考は現実化するといった古典的な成功法則本を読むのはシンドイという人には、現代版の成功法則本としてピッタリだと思う。

カスタマーレビューの一部(あいり)さん
「理由のない不安を抱えている時、ついモチベーションが下がってしまう時、どう気持ちを切り替えていくのかという事が、脳科学を元にとても分かりやすく書かれていました。
本文中にワークも沢山あったので、ワークをやりながら読み進める事で自分の軸も自然と整い、それだけでタイトルにもあるように《神メンタル》を手に入れられる自分になれる気がします。
自己啓発系の本は、精神論のみで漠然とした内容が多い中、具体的な行動指示が出ているこちらの本は女性・男性問わず多くの方が読みやすい一冊だと思います。」

 

ブレイン・プログラミング  自動的に夢がかなっていく


現在発売されいる、ほぼすべての自己啓発書は、「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著に書いていることを、言葉や表現を変えているだけと俺は思ってる。

同じことしか書いていない。

何故、目的を紙に書き、期限を決め、綿密な計画を立て、諦めずに実行し、アファーメーションを繰り返すと、夢が実現するのか、具体的にはは書いてない。

他にも、
・脳は否定語は認識出来ない
・願望は完了形で書く
・イメージを画像にして毎日見る

もう、版で押したように同じことばかり

何故?
その疑問に見事に答えたのが、この本「ブレイン・プログラミング」
なるほど、そうなのか?
こういう仕組みだから、夢が実現するんだ!と、理論的に説明してくれている。

更に、著者がアランとバーバラが、実際に人生最大の危機におちいったとき、
このブレイン・プログラミングを実践して、苦境を乗りこえて、成功への道を切りひらいた。

見事に理論を実証した「脳科学・プログラミング」

お勧めです!!

目次より

第1章 RASの秘密を知る
第2章 自分の望みをはっきりさせる
第3章 明確な目標を決める
第4章 期限を決めて計画を立てる
第5章 他人がどう思い、何をしようが、なんと言おうがやりぬく
第6章 自分の人生に責任を取る
第7章 目標を視覚化する
第8章 アファメーションの威力
第9章 新しい習慣を身につける
第10章 数のゲームを楽しむ
第11章 ストレスに打ち勝つ
第12章 恐怖と不安を克服する
第13章 絶対にあきらめない
第14章 どん底から再出発する
第15章 おさらい

 

一人旅 阿寒~摩周~屈斜路湖~野付半島

今回も裕気取りの一人旅
7月8日 宿からの阿寒湖

阿寒湖から約1時間で弟子屈町へ
弟子屈は、摩周湖・硫黄山・川湯温泉・屈斜路湖・美幌峠・摩周温泉と北海道屈指の観光地。
また、釧路・北見・標津・帯広方面の十字路に位置する。

・・で、摩周湖(駐車場満杯でスルー)
次は硫黄山

硫黄山~川湯温泉を抜けて屈斜路湖・川湯
クッシーが生息しているという噂の湖

弟子屈をあとに、一時間ほど走ると標津町
今回の目的地野付半島に到着。
ここは札幌から真東方向では最東端の場所。

細長くて変わった形をした半島で、左側の海の先は、北方領土・国後島が見える。

右側の湾のところには、海から生えた木が枯れて立っている不思議な光景(トドワラ)が続く。
いかにも最果ての地って感じがする。

写真の奥にボンヤリ見えるのが国後島
綺麗な花も咲いていたけど、名前は知らない。

 

翌日
上川の林道

一直線、両側は白樺林

 

 

一人旅 根室~納沙布岬~花咲港~あやめヶ原

6月19日(火)
そう、サッカーロシアW杯 日本対コロンビアの一戦の日
前日、釧路に泊まっており、日帰りで根室に行ってきました。

根室は、日本本土最東端の納沙布岬がある市
でも遠すぎる!!
しかし今回は裕気取りの旅!
札幌より、東方面・・・遠ければ遠いほど良いので行ってきました根室。

まずは、最初に迎えてくれるのが「道の駅 スワン44ねむろ」
この、道の駅 売店もレストランもとても充実していて綺麗
ガラス張りの窓からは日本有数の野鳥の宝庫「風蓮湖」や「春国岱」が一望出来ます。
野生動物のはく製も置かれていて、北海道らしい道の駅です!

次は、本土最東端の納沙布岬
この日はあいにく曇っていて北方領土は見えませんでしたが、天気の良い日には、ホント目の前! 大袈裟にいえば手が届きそうな近くに北方領土が見えます。

隣には望郷の岬公園があり、「四島のかけ橋」のシンボル像があります。
このモニュメントの下には「祈りの火」が消えることなく燃えています。

次は「花咲カニ」で有名な花咲港
10年連続水揚げ日本一のさんま漁,やサケマス漁など北方海域での漁業基地となっているそうです。
近くには、車石という奇岩がある海岸があったりして、とても風光明媚な場所でした!

帰り途中は、霧多布岬など綺麗な景色の場所もあるのですが、この日は霧が濃くて何も見えませんでした。

・・で、「牡蠣」で有名な厚岸
ここに「あやめヶ原」というあやめの原生花園がありますが、メッチャ綺麗だった!!

 

夕方には釧路に帰りつき、とっとと風呂に入り、W杯のTV観戦応援に備えたのは言うまでもありません。

指が~~

ギターを始めてすぐにぶつかる壁・・・・てか、テンションを下げてしまうのが「指」
正確には「指の痛さ」

ギターのコードの弦を押さえる左手の指
最初は簡単なコード、C・Am・Emあたりから覚えていくんだけど、簡単なコード=しっかり押さえられるコードでもあるわけで・・・

となると、弦が指に食い込んで、弦を押さえている部分が1mmくらい凹んじゃうわけ・・・
これが痛い!!
最初はこの痛みを伴っての練習なので、ホント辛い。

でも、人間の体って不思議だね!
段々と、指先が固くなって弦を押さえても凹まずに痛みを感じなくなる・・・
順応しているんだと思うけど、つくづく人の体ってスゴイと思う。

俺もギターを再開して、約2週間
だんだんと指先も固くなってきて、痛みも和らいできた。

だんだん、楽しくなって来たぜ!

行列

「行列の出来る繁盛店」なんてのが、グルメ番組で紹介されているのを見ると、不思議でしょうがない・・・

なんで並んで待ってまでして食べる?!

もし、俺が美味しいと評判のラーメン屋に行ったら、お客さんが店の外まで並んで待っていた!その光景を見た瞬間、迷いなく別な店に行く。
か、空いていそうな時間に出直すか・・

よく「別な店に行く時間の間に、並んで待った方が早く食べられるんじゃない?!」と、言われる。
確かにそうだと思う。

例えば、道が渋滞して動かない。
この時も、遠回りになってもスイスイ走れる道を選ぶ。
例え、渋滞道路を選んだほうが結果的に早く着いたとしても全く後悔はしない。

早い、遅いというより、生産性のないことで、じっとしているのが堪えられない。

冒頭のラーメン屋
よしんば行列に並んで待ったとすると、ラーメンの味に対するハードルがどんどん上がるだよね。
「こんなに待った(待たせた)のだから、相当美味いんだろうなっ!」と。

大体の場合、
「こんなに待ったのに、ほかの店とたいして変わらないじゃないか!」
「確かに美味いけど、待って食べるほどじゃないな!」
という感想に終わる。

てか、俺が味オンチなんだろうと思う。
待ってまで食べる価値が分からないんだから・・・

じゃあ、早けりゃいいか!というと、俺もかなりひねくれていて、ファストフードは食べない。
ハンバーガーチェーン店、牛丼チェーン店に入るのは、数年に一度、どうしても時間がなくて他に店がない時くらいかな・・・

話は全く変わるけど・・
高校生の頃、故郷の鹿屋で「タイガーラーメン」というラーメン屋があった。
メニューは、ラーメン(大・小)とメシ(大・中・小)と飲み物しか無かったから、出来たことだろうけど、とにかく早い。

オバちゃんが注文とって、オーダー入れると同時に出来あがって、持ってきてくれる感じ。
水なんか飲んでるヒマはないくらい・・
予め作っておいたのではなく、ちゃんとオーダーが入ってから作る。
麺にもコシがあるし、スープも熱々。
そして、また美味いんだ!

近くに「眠々」というラーメン屋があって、ここもメチャ美味い。
けど、遅い・・てか、普通なんだろうけど、タイガーと比べてしまうから遅く感じてしまうんだろうな!

・・で、通算、どちらに多く通ったか?!
言うまでもないよね。

 

Gが・・・・・

ギターを再開してつくづく思うのは「やっぱ、基本は大切だな!」ってこと・・・

アコギは高校生の時、ちょっとの間だけ弾いていたことがある。
弾いていたなんてレベルじゃとてもなくて・・・

当時は教則本なんてないし、歌詞にギターコードが付いていた程度だったから、全部自己流でやっていた。

でも、今回はちゃんと教則本を参考にして、練習してみようと・・・
やってみると、42年前、たった数年やっていた時の自己流の悪癖がしっかりと残っているんだよね。

例えばピックの持ち方
高校の時は、ピックをつまんで持っていたんだけど、これが間違い・・
正しくは、人差し指の上にピックを乗せて、親指で押さえる(挟む)のが、正しい持ち方なんだと!
しかも、人差し指とピックの先が同じ方向を向いていること!

実際にやってみると、これが弾き難い。
チカラ加減が分からず、音もストロークも一定しない・・・
・・で、いつの間にか元の持ち方に戻っているんだよ(悲)
「こりゃいかん、正しく持とう!」と、ピックに意識が向くと、コードを押さえる左手がバラバラ・・・

今、一番苦労しているのが「G」のコードを押さえること。
ギターを弾く人なら「えっっ、何で? Gなんて簡単でしょう!」と思うはず。
実際、俺もGは全然難しいコードじゃなかった。
ところがね、押さえ方を間違えていて、正しい押さえ方でやろうとすると、指がパニックを起こす。

Gコードは、5弦2フレットは中指、6弦3フレットは薬指、1弦3フレットは小指で押さえるのが正しい。

・・が、俺はずっと、5弦2フレットは人指、6弦3フレットは中指、1弦3フレットは小指で押さえていた。

これね、ちょっとした違いのように思えるかも知れないけど、メッチャ大きな違いなんだよね。

正しい押さえ方だと、G⇒G7のコードチェンジは、人指と小指を変えるだけ。
G⇒Cも中指、薬指は同じ位置で、1弦ずらして人指を押さえるだけ。
確かに、他のコードチェンジも楽に出来る。

・・が、俺は悪癖の押さえ方が無意識に出てしまうので、しっかり意識しないと正しい押さえ方が出来ない。
出来たとしても、ワンテンポ・ツーテンポ遅れたり、正しい位置で弦を押さえていなかったり・・・
終いには、Gを押さえる時、人指、小指がパニクッて、つったようにピンと伸びたままになったりと・・もう散々
たかが、Gを押さえるのに・・

同様に、Dmも2弦3フレットを小指押さえていたけど、これも間違い。
正確には、中指。
Dmなんて簡単なコードも、悪癖がついつい出てしまうので、これを直すのに大変。

 

忠告
悪癖がつくまえに、しっかりと基礎は身につけよう!!

渋滞

平日の日中
いわゆる産業道路、札幌の幹線道路の「札幌新道」が大渋滞になっていた。

「大事故でも起きたのか?!」

ジリジリとしながら前に進む・・

札幌に住んでいる人なら分かると思うけど、札幌は石狩川で東西に分かれている。
石狩川に架かる橋を渡らないと東西双方へは行き来できない。
つまり、抜け道・裏道・近道はない。
渋滞を避けて別な橋へ向かっても、同じことを考えている奴らで、結局そこも渋滞になっているので、下手に動かずジリジリと進むしか手はない。

渋滞の先頭
つまり渋滞の原因を見た時に、頭に血がのぼった!!

なんと「草刈り」をしていたのだ!

コーンを立て500mほど2車線を1車線にしていたのが、渋滞の原因。

観光都市、札幌
都心部の道路わきが草ボーボーなら見っともないので草刈りするのは分かる・・・(てか、街中はビル街で雑草が生える隙もないけれども)

最初に書いたように、産業道路
大半が、ダンプ・トレーラー・トラック、社用車、営業車。

10月には雪が降って、雑草は放っといても枯れてしまうし、12月には雪に埋もれてしまうのに・・
何故、今、大渋滞を引き起こしてまで「草刈り?」しなくちゃならない?

アポに遅れそうになっている営業マン
納品が遅れそうな配達員
便意をもよおして青ざめている虚弱体質男

ホントにいい迷惑だ!!

100歩譲って、草刈りは良いとしよう!
でも、なんで日中?
いくら札幌でも真夏に直射日光を浴びての作業は大変。
早朝か、夕方以降、涼しくて交通量の少ない時間にやれば、お互いに良いのに!

なにかい?
役場から監督に来ているの連中が、9:00~17:00の間じゃないと仕事したくないから、日中にやるのかい?

現場を見てても、実際に作業してるのは数人で、あとは仕事もしないで突っ立っているだけじゃないか・・

ったく、こいつらにいくら日当が払われるんだろう?
こんなことの為に使う金があるんなら、母子家庭、高齢者、病気や障害で働けない人など、生活弱者の方の為に使って欲しい。

草刈り以外でも

「街路樹の枝切り」
「全然傷んでいないのに歩道の縁石の取り換え」

予算確保のために、「やらなくてもいい作業をあえてやっているんじゃないか?!」と、マジで疑ってしまう。

何でわざわざ、毎年「枝切り」しなきゃならない木を選ぶ?
1粒で何度でも美味しい思いが出来るから?!

世界からは、民度の高い日本人なんて褒められてるけど、実にとこ、自分の利益のことしか考えない役人天国の国「日本」だろ!

違うかい?!