一人旅 根室~納沙布岬~花咲港~あやめヶ原

6月19日(火)
そう、サッカーロシアW杯 日本対コロンビアの一戦の日
前日、釧路に泊まっており、日帰りで根室に行ってきました。

根室は、日本本土最東端の納沙布岬がある市
でも遠すぎる!!
しかし今回は裕気取りの旅!
札幌より、東方面・・・遠ければ遠いほど良いので行ってきました根室。

まずは、最初に迎えてくれるのが「道の駅 スワン44ねむろ」
この、道の駅 売店もレストランもとても充実していて綺麗
ガラス張りの窓からは日本有数の野鳥の宝庫「風蓮湖」や「春国岱」が一望出来ます。
野生動物のはく製も置かれていて、北海道らしい道の駅です!

次は、本土最東端の納沙布岬
この日はあいにく曇っていて北方領土は見えませんでしたが、天気の良い日には、ホント目の前! 大袈裟にいえば手が届きそうな近くに北方領土が見えます。

隣には望郷の岬公園があり、「四島のかけ橋」のシンボル像があります。
このモニュメントの下には「祈りの火」が消えることなく燃えています。

次は「花咲カニ」で有名な花咲港
10年連続水揚げ日本一のさんま漁,やサケマス漁など北方海域での漁業基地となっているそうです。
近くには、車石という奇岩がある海岸があったりして、とても風光明媚な場所でした!

帰り途中は、霧多布岬など綺麗な景色の場所もあるのですが、この日は霧が濃くて何も見えませんでした。

・・で、「牡蠣」で有名な厚岸
ここに「あやめヶ原」というあやめの原生花園がありますが、メッチャ綺麗だった!!

 

夕方には釧路に帰りつき、とっとと風呂に入り、W杯のTV観戦応援に備えたのは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です