最後まで読み通せる音楽理論の本

アコギを始めて、約2ヶ月。
まあ、簡単なコードで単純なストロークなら、歌詞に合わせてジャンジャンとギターで伴奏することは出来るようになってきた。

でも曲って、前奏があって、歌詞部分があって、間奏があって、エンディングがあるじゃん!
ユーチューブなんか観ると、かっこいお兄ちゃんが前奏、間奏をリードと伴奏をギター一本できっちり決めてるわけさ。
「かっこいなあ~~」てマジ思う。

しかもアドリブで決めているから、一人ひとり違うアレンジなんだよね。
どうやって弾いているんだろうと、画面を凝視して耳を澄まして聴いても全く分からない。
ユーチューブにスロー再生機能があればいいのにと、つくづく思う。
運指さえままならないに、さきにそっちの練習だろ!とは思うんだけどね。

スキーに例えるなら、ようやく緩斜面をボーゲンで滑れるようになったのに、コブだらけの急斜面をカッコ良くターンを決めて滑りたいと思うのと一緒。
その前に基礎練習だよね・・・

耳コピなんて出来ないし、闇雲にやっても上達しないだろううから「音楽理論の本」を買ってみた。

今のところ、最強の睡眠薬だけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です