世の中 嘘つきが多すぎる!

一昨日、少し時間が空いたので久しぶりに本屋へ!
買ったのは「読みたいことを、書けばいい。」とタイトルの本。

・・で、前段は飛ばして「それ、同感!!」と思ったのが・・

『書き手が嘘をついていること』
*本当に思っていないことを書く
*他人から借りてきた言葉をそのまま使う

俺が、最も憤慨しているのが
  ↓ ↓
諦めないで続ければ必ずいつかは成功する例えで、エジソンの電球を発明した時のエピソードを書いた本。
2000回失敗したともあれば、3000回もあり、5000回もある。中には2万回失敗なんて本もある。

それと、潜在意識を活用して成功を!なんて本。
人は潜在意識を3%しか使ってない、5%、8%、10%・・・
さもさも、自分が発見したことのよに、シレっとして書いている。

数字を引用するなら、必ず根拠・ソースを示すべき。

エジソンの場合なら、その研究資料の信頼できる証拠を開示すべきだし・・潜在意識の活用のパーセンテージって、誰がどうやって調べたのか・・それは科学的に信用出来るのか正確な根拠をだすべき。
そうでなければ、「聞いた話によると」「巷で言われているが」
と先に断ってから、持論を述べるならまだ許せる。

ただ、他の本なりネットから拾った言葉を、いかにも自分が発見したかのように披歴するのは、相当面の皮が厚いし、嘘つきである。
なので、ビジネス書でもスピリチュアル書でも、エジソン話・潜在意識話が出た段階で、興ざめしてその本を読むのは止める。
だって、嘘つきの本だもん!
書いてあることなんて信用出来ない。

まあ、俺もうっかりやってしまうことはあるけど・・
本に限らずネットでも、拾って来た言葉や画像を、自分が書いた、自分が撮った風に載せているも多いよね。
ついつい、ウケを狙って使ってしまうんだけど、ネタ元がバレたときは一気に信用をなくす!

他人の物を拝借する時は、ソース・引用元の開示もお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です