「ラストメール」 その七 徳満耕史著

「詳しく話せば長くなるから簡単にいうと、今年の春先まで経営していた会社を潰しちゃったのさ」

「えっ、秀雄さん、社長さんだったんだ」

「つい、半年くらい前まではね・・
社員の生活も奪ってしまったし、わずかな財産も家族もすべて失った。
一度経営者をやると、失職したからって人の下で働くのは難しい。
雇う方も元社長だと使いづらいし、この歳だからなかなか就職先が見つからず・・・
情けないけど、友達の温情に甘えて彼の会社で働かせてもらっていた」

「奥さんと別れたのは、よく聞く話で借金取りから家族を守るためだったから?」

「そんな、美談じゃない。
愛想尽かされて出て行かれた。
借金抱えた甲斐性無しの男に、いつまでもついて来るなんて、そんなドラマみないな話はないよ。
苦労するのが分かっている俺について来るよりも、実家に戻れば寝るところもあるし、食べるのにも困らない。
パートで働いていれば、取りあえず生活は出来るからね」

「秀雄さんは、未練はないの?」

「あの時に、こうしとけば良かったとか、もっと他に方法があったのでは?と、今になって思うことはたくさんある。
でも、その時は周りを見渡す余裕がなかった。
寝るのを惜しんで頑張った。
でもダメだった。
今は、済んでしまったことを悔やんでみてもしかたないと思ってる。
後悔があるとしたら妻と娘達に辛い思いをさせたことかな」

「上の娘はたまに、ひょっこりと来て掃除して夕飯を作ってくれる。
昨日も来てくれてみたいだけど、帰りが遅くなって会えなかった。
下の娘も来たがっている様子だけど、まだ一人では来られないし、ママに気をつかっているのか、まだ来たことはない」

「じゃあ昨日、私のことがなかったら、娘さんと会えたのね。
ごめんなさい・・
普通、そのくらいの歳の女の子なら、パパを毛嫌いするのに。
社長さんから、無職のパパになっても会いに来てくれるなんて、ちゃんと秀雄さんのことわかってくれているんだわ。
優しい娘さんね」

「いや、娘はメールで遅くなると伝えたから、とっくに帰っていたはず。
だから、昨日の件があってもなくても会えてはいなかったよ。
気にしないで。
俺の、身の上話はこれくらいにして、紗希の服買ってから、どっかでメシ食おう」

「服なんていらないわ。
今、買ってもらったばっかりなのに」

「この服は取りあえずこの部屋出るため。
仕事に行くにも家へ帰るにしても、いつも着ている様な服じゃないと不審に思われるだろう。
それに下着だって、俺のトランクスじゃいくらなんでもマズいだろ」

「だったら、自分で買うわ。
これ以上秀雄さんに迷惑かけられないもの」

「気にすることはないって。
実は娘にも服を買ってあげたいんだけど、どんな店でどんな服かっていいか全然わからなくてさ。
だから、今日はその練習。
下着を買うところまではついていかないから安心して」

「すごく嬉しいけど、すごく申し訳ない気持ち。
初めてあった人に助けられて、そしてこんなによくしてもらうなんて。
ちゃんとお礼はさせてくださいね」

「お礼はいいよ、気持ちだけもらっとく。
それに昨日のことや俺のことは、早く忘れた方がいい」

「どちらも、忘れられる訳ないじゃない・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です