コーヒーが冷めないうちに 川口俊和著

本屋さんでは一番良い場所に山積みされているし、前評判がものすごく良い本だし、映画も公開されるということで、かなり期待して読んだ本だったけど・・・

ガッカリは言い過ぎかも知れないけど、少なくとも期待値までは全然及ばなかった。
★をつけるなら、せいぜい甘アマで3つくらいかな・・・・

『とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった』

過去に戻れる非リアルの設定が興醒めするのではなくて、ファンタジーと悲話を両立させるのは難しいのかもね。
同じ時間移動の作品でも、ファンタジーに徹した「Back to the Future」の方が俄然楽しめる。

また著者のコメディっぽいの文調が悲話に合わないので違和感がある。
重箱の隅をつつくつもりはないが、矛盾や疑問点も多々あって感情移入もできない。

小説の舞台に登場するのは常連さんだけ・・・
しかも、時間移動するのは常連さん。
その理由も「涙する」ほどたいしたことでもないし・・・
もっと切実に過去に戻りたい人のことを思えば、バカにしてるのか?!とさえ思えてしまう。

こんな辛口批評をして大丈夫かとな?と思って、恐る恐るアマゾンのレビューみたら、俺より辛辣だった。

なにしろ、★5つが25%、★1つが37%。
が、如実にものがっているね。

又吉著の「火花」の時にも思ったけど、普段本を読まない人がマスコミの話題になってので読んでみて、面白かったとの評価を付けているんだろう。

まっ、本と映画は違うから・・・
有村架純ちゃんを観に行くだけでも良いのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です