エレキギター

メルカリで本を売っていたら、そこそこの金額になり、お金を振り込んでもらうより、それで何か買おうと物色していたら・・・

あった!
エレキギターの超お買い得セット。
ギター&アンプ&ケース&スタンドで、ほぼ未使用!!

それが何と・・・・・¥16,500-

夏からアコギを始めてみて、弾き語りよりソロ演奏の方が面白いかも?!と思い始め、エレキが欲しいなあ~~、でも高いしなあ~~!と思っていたところ・・

引き寄せの法則って本当にあるんだ!

欲しいと思ったら、願いどおりのタイミングと予算で商品が手に入るなんて!!

最後まで読み通せる音楽理論の本

アコギを始めて、約2ヶ月。
まあ、簡単なコードで単純なストロークなら、歌詞に合わせてジャンジャンとギターで伴奏することは出来るようになってきた。

でも曲って、前奏があって、歌詞部分があって、間奏があって、エンディングがあるじゃん!
ユーチューブなんか観ると、かっこいお兄ちゃんが前奏、間奏をリードと伴奏をギター一本できっちり決めてるわけさ。
「かっこいなあ~~」てマジ思う。

しかもアドリブで決めているから、一人ひとり違うアレンジなんだよね。
どうやって弾いているんだろうと、画面を凝視して耳を澄まして聴いても全く分からない。
ユーチューブにスロー再生機能があればいいのにと、つくづく思う。
運指さえままならないに、さきにそっちの練習だろ!とは思うんだけどね。

スキーに例えるなら、ようやく緩斜面をボーゲンで滑れるようになったのに、コブだらけの急斜面をカッコ良くターンを決めて滑りたいと思うのと一緒。
その前に基礎練習だよね・・・

耳コピなんて出来ないし、闇雲にやっても上達しないだろううから「音楽理論の本」を買ってみた。

今のところ、最強の睡眠薬だけどね。

指が~~

ギターを始めてすぐにぶつかる壁・・・・てか、テンションを下げてしまうのが「指」
正確には「指の痛さ」

ギターのコードの弦を押さえる左手の指
最初は簡単なコード、C・Am・Emあたりから覚えていくんだけど、簡単なコード=しっかり押さえられるコードでもあるわけで・・・

となると、弦が指に食い込んで、弦を押さえている部分が1mmくらい凹んじゃうわけ・・・
これが痛い!!
最初はこの痛みを伴っての練習なので、ホント辛い。

でも、人間の体って不思議だね!
段々と、指先が固くなって弦を押さえても凹まずに痛みを感じなくなる・・・
順応しているんだと思うけど、つくづく人の体ってスゴイと思う。

俺もギターを再開して、約2週間
だんだんと指先も固くなってきて、痛みも和らいできた。

だんだん、楽しくなって来たぜ!

Gが・・・・・

ギターを再開してつくづく思うのは「やっぱ、基本は大切だな!」ってこと・・・

アコギは高校生の時、ちょっとの間だけ弾いていたことがある。
弾いていたなんてレベルじゃとてもなくて・・・

当時は教則本なんてないし、歌詞にギターコードが付いていた程度だったから、全部自己流でやっていた。

でも、今回はちゃんと教則本を参考にして、練習してみようと・・・
やってみると、42年前、たった数年やっていた時の自己流の悪癖がしっかりと残っているんだよね。

例えばピックの持ち方
高校の時は、ピックをつまんで持っていたんだけど、これが間違い・・
正しくは、人差し指の上にピックを乗せて、親指で押さえる(挟む)のが、正しい持ち方なんだと!
しかも、人差し指とピックの先が同じ方向を向いていること!

実際にやってみると、これが弾き難い。
チカラ加減が分からず、音もストロークも一定しない・・・
・・で、いつの間にか元の持ち方に戻っているんだよ(悲)
「こりゃいかん、正しく持とう!」と、ピックに意識が向くと、コードを押さえる左手がバラバラ・・・

今、一番苦労しているのが「G」のコードを押さえること。
ギターを弾く人なら「えっっ、何で? Gなんて簡単でしょう!」と思うはず。
実際、俺もGは全然難しいコードじゃなかった。
ところがね、押さえ方を間違えていて、正しい押さえ方でやろうとすると、指がパニックを起こす。

Gコードは、5弦2フレットは中指、6弦3フレットは薬指、1弦3フレットは小指で押さえるのが正しい。

・・が、俺はずっと、5弦2フレットは人指、6弦3フレットは中指、1弦3フレットは小指で押さえていた。

これね、ちょっとした違いのように思えるかも知れないけど、メッチャ大きな違いなんだよね。

正しい押さえ方だと、G⇒G7のコードチェンジは、人指と小指を変えるだけ。
G⇒Cも中指、薬指は同じ位置で、1弦ずらして人指を押さえるだけ。
確かに、他のコードチェンジも楽に出来る。

・・が、俺は悪癖の押さえ方が無意識に出てしまうので、しっかり意識しないと正しい押さえ方が出来ない。
出来たとしても、ワンテンポ・ツーテンポ遅れたり、正しい位置で弦を押さえていなかったり・・・
終いには、Gを押さえる時、人指、小指がパニクッて、つったようにピンと伸びたままになったりと・・もう散々
たかが、Gを押さえるのに・・

同様に、Dmも2弦3フレットを小指押さえていたけど、これも間違い。
正確には、中指。
Dmなんて簡単なコードも、悪癖がついつい出てしまうので、これを直すのに大変。

 

忠告
悪癖がつくまえに、しっかりと基礎は身につけよう!!

アコギ始めました!

ギターは中学生の時に聞いた「アルハンブラ宮殿の思い出」を弾いてみたくて、ちょっとだけ練習したけど即断念。

アルハンブラ宮殿の思い出

その後、ボブ・デュランやサイモンとガーファンクルを聴きだすと、フォークギターにあこがれを持つように。
拓郎・陽水・かぐや姫に、どっぷり浸ると、あんな風にギターが弾けたらなあ~~と、安いギターを買う。
とは言っても、自分の音楽センスの無さ、特にリズム感の無さは、悲しいほどに自覚していたので、さほど熱中はしなかった・・

てか、幼馴染で親友の「悦郎」が、神業ほどのギターテクニックの持ち主で、加えて歌もルックスも超一流!
こんなに上手な奴がいつも横にいたら常に劣等感を感じなくてはならない。
あまりの実力差に気力が萎え・・・
それがギターを諦めたホントの理由。

興味はギターからバイクへ!
(バイクのエピソードも山ほどあるけど、いずれまた)

あれから42年後、今年還暦
こころのどこかに、当時のコンプレックスが残っていたんだな。
当時は、ギターを始めるキッカケは、女の子にモテたいから!ってのも結構多かった。

・・・が、還暦になって、女の子にモテたいという動機は全くなくなり、「悦郎」とも離れて暮らすようになり劣等感を感じることもなくなった。

純粋にギターを楽しもう!
当時弾けなかった曲もチャレンジしよう!
いつかは「アルハンブラ宮殿の思い出」も弾けるようになろう!
娘から「お父さんは何が楽しみで生きてるの?」なんて言われないように、今を楽しもう!

まっ、そんなこんなで、ギターを始めることにしました。