真の優しさ

最近の心温まるニュース。
沖縄の高校生が財布を失くして、頭を抱えて途方に暮れていると、一人の紳士が身元を告げずにお金を貸してくれた。
その後、この高校生が恩人を探し出してお金を無事に返したとのこと。

もし、俺だったら・・
多分、見て見ぬふりをして通り過ぎていたかも?!

この話で思い出したのが、だいぶ前に読んだ本にあった記事。
誰が書いたか忘れたけど・・

「授業中に、僕の前の席の女の子がオナラをした。
その子は、クラスの中で一番かわいくて、人気者だった。

授業中だったので、オナラの音は教室中に聞こえた。
すると、音が聞こえたとたん、彼女の隣に座っていた日頃物静かな男の子が、「オナラした、ゴメン!」と言ったのだ。

僕は女の子の真後ろに座っていたので、女の子がオナラをしたのはわかっていたのですが、隣に座っていた男の子のとっさの判断(思いやりと勇気)には、驚きました。

きっと今でも思いやりを持ち続けている立派な大人になっている事でしょう!」

 

こんな話も・・

「授業中、ある男子が立ちあがって掃除用のバケツを持って教室を出て行ったかと思うと、バケツに水を汲んできて、目の前の女の子に、バケツの水をかけた。

女の子は全身水濡れ。

先生は、女の子には『早く家に帰って着替えてきなさい!』と指示して、男子生徒には濡れたところを掃除して、廊下に立っているようにと罰を与えた。

授業が終わり、一番最初に教室を出た教師は、廊下に立っている男子に近寄り「ありがとう」と言い、親指を立てて感謝のポーズ。

そう、女の子はおしっこを我慢できずにお漏らしをしてしまった。
それを隠すために、男の子は悪役を演じて、女の子を救ったのだ。

 

 

もう一つ、ヴィクトリア女王の有名な話。

「招かれていたある国の貴族が、晩餐会の際に、フィンガーボウルの使い道を知らず、誤って中の水を飲んでしまったそうです。
ヴィクトリア女王は、来客に恥をかかせないために、それが指を洗う物であることを知りながらも、中の水を飲みました。」

いずれの場合も、とっさの判断の行動だよね。
ホントの優しさ、勇気って、こんな時に現れるんだ!

計算ずくの優しさは「スタンドプレー」でしかない・・
まあ、計算づくでも優しい行動は、やらないよりは良いけどね!

『巧遅は拙速に如かず』

毎日、寝る前に叶えたい夢を心に描く!
毎朝、トイレと玄関を掃除する!
感謝の気持ちを常に忘れずに!
ポジティブな気持ちを持ち続け!
“ツイてるツイてる”を口癖にする!

自己啓発本に書いてあったことを続けてみた。

あれっ、おかしい~~
なん~~にも変わんない・・・

まっ、ちょっと頑張ったくらいじゃ、そう簡単に人生が変わるわけがない。
辛抱辛抱!
一年続けた・・
やっぱり何も変わんない!

逆に状況は悪化の一途

オイオイ、神様!
ちゃんと見てんのか?!
サボっちゃダメだぞ!
と、ついつ愚痴をこぼしたくなる!

しかし冷静に我が身を振り返ると・・・
見返りを期待した善行は善行じゃない。
行動の魂胆があさましい。

何より決定的に足りなかったのは・・

“行動”

ただ、いくら自己啓発本や成功法則本を読んだって行動しなきゃ変わるハズがない!

環境が整ってから・・
もう少し勉強してから・・
今は忙しいから・・
けじめの良い時期から・・

行動を先延ばししている俺
と言うより、行動することを恐がっている俺
出来ない理由ばかり並べて動かない俺

“いつか”は結局やってこないんだよね!

『巧遅は拙速に如かず』

仕事の出来が良くて遅いより、 たとえ出来は悪くとも早くできるほうがよいという意味。

「泣こかい?飛ぼかい?泣っよかひっ飛べ!」

俺の故郷、鹿児島のことわざ。

(崖の上で)
恐いから飛べない・・・と泣くか?
思い切って飛ぶか!?
泣くくらいなら飛んでしまえ!

という意味。
これって、いろんなことに当てはまるんじゃないかな!!

人生という道を歩いていると、必ず大きな困難が立ちはだかる時がある。
困難に立ち向かった時に、何を考え、どう行動するか?!

100人いたら100通りの考えと行動があると思うけれども「思考は現実化する」なら、なるべく楽しくポジティブな考えを選択するべきだね。
だって、何を考えるかは自由なんだから・・・

無理!無理!無理!って考えたら、困難は乗り越えられない。
何とかなるかも?!って考えたら、何とかなるもの!

人は実現可能なことしか考えないんだって・・
つまり、不可能なことは思考すらしないってこと。

今、還暦の俺が大リーグに挑戦しようなんて考える余地さえなく、まあ草野球くらいならまだやれるかな!は考えないでもない。
つまり、草野球をやりたいと思えば可能性は充分あるってこと。

この困難を乗り越えたら、南の島でゆっくりしよう!・・・とイメージ出来る人は実現可能な人。
どうせなら、楽しくてワクワクするようなことを考えた方が得だよね。

晩年を迎えたお年寄りに、
「あなたが後悔していることは何ですか?」
とアンケートした結果で一番多かったのは、

チャレンジして失敗したことよりも、『何も行動を起こせなかったこと』が断トツ一位。

挑戦するのが怖くて泣いている人!
思い切って飛んじゃいなよ!

今までと違う景色が、きっと見られるはずだぜ!!

toku