破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 田中 修治著

能書きはいいから「とにかく読め!」俺が太鼓判押すから!
と、誰かれ構わず言いたくなるくらい面白い本だった。

多分、今年読んだ本の中では一番だと思う。

内容は、書名の通り「オンデーズ再生物語」
年商20億に対して借金14億の会社を再生させるなんてあり得ない話。

「事実は小説よりも奇なり」と言うけれども、池井戸潤氏の小説のはるか上をいく波乱万丈のストーリーで、物語は進んでいく。

アマゾンのレビューで★5つが92%
★1つ、2つが誰もいないことでも分かる通り、辛口レビュー投稿する玄人な読者をひれ伏させる圧倒的面白さ!

老若男女、とにかく誰が読んでも面白いので、これは読まないと損。
俺が、ここまで推薦する本は初めてかも!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です