蜜蜂と遠雷  恩田 陸著

蜜蜂と遠雷  恩田 陸著

「直木賞」「本屋大賞」のW受賞作だから、素晴らしい作品であることは間違いない。

上下2段で507ページもある文量だから、さぞや読了するまで時間がかかるだろうと思って読み始めたけど、あっという間に読み終えた。

いうのも、文章が優しくて読み易いことや、すべてを書ききらず余韻を読者に任せる手法も見事だし、主な登場人物はたったの4人というのも、読んでいて迷子にならなくて済む。

ストーリーは、あるピアノコンクールの3次予選から本選優勝者が決まるまでの物語で極めて単純。

あまり読書が好きでないという人にもお勧め!

物語は、4人のコンスタントの過去から現在までのストーリーを交え、実際のコンテストも模様を描いて進む。

主人公の他にも、コンスタントを取り巻く温か且つ献身的なサポート。
コンテストのドキュメント番組を撮る女性。

審査員の過去と人間模様。

単純なストーリーに様々なエッセンスが組み込まれて、読む者を飽きさせない。

圧巻は、コンスタントが弾くピアノ演奏の描写。

曲を知らない人が読んでも、実際にピアノの音が聞こえてきそう!!

後半は、ややマンネリ感もあり、驚くほどあっけなく終わったので、ちょっと物足りない気もしたけど、まあ記憶に残る一冊になるのは間違いない。

クラッシック音楽、ピアノに全く無関心、無知識の俺でも読んでワクワクしたのだから、ピアノ経験がある人ならもっともっと楽しめる作品だと思う。

物語の中で弾かれたピアノ曲がすべて入ったCDも発売されているそうなので、そのCDを聴きながら読むのも更に素晴らしいかも・・・

アマゾンのレビューも載せておきます。

音楽の持つ絶対的な臨場感
読了するのが、惜しい気がした。
ピアノコンクールをめぐる圧倒的な緊迫感。
そして、本全体から流れ出す音楽の持つ絶対的な臨場感。
圧巻である。
筆者の持つ描写力に脱帽である。
筆者の音楽への並々ならぬ愛着が、この小説を完成度の高いものにしているのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です