「感謝」で思考は現実になる パム・グラウド著

 

アスリートが好成績を得て、インタビューされた時の第一声は概ね、
「まずは両親と家族、支えてきてくれたスタッフの皆さん、そうして応援して下さった皆さんのお陰で○○することが出来ました。 感謝します」
と、まるで台本があるかのようだ。

皆が口を揃えて「感謝の意」を表すということは、やはり共通性があるからだろう。
スピリチュアルな世界でも、『宇宙の恩恵を受けるには感謝の気持ちが一番大切』と教えらる。

では何故、感謝すると「成功」し「願いが叶う」のだろう?
そこに合理的な説明がないまま盲目的に信じるのであれば、宗教と同じだ。

この本は感謝をすると「思考が現実する」ための、エクササイズが書かれている。
つまり再現性があるといこと。
再現性とは、誰がやっても同じことをやればおなじ結果をえられるということ。

興味のある人はトライしてみてはどうだろう?!
ただし、男性向きではないかもね・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です