真の優しさ

最近の心温まるニュース。
沖縄の高校生が財布を失くして、頭を抱えて途方に暮れていると、一人の紳士が身元を告げずにお金を貸してくれた。
その後、この高校生が恩人を探し出してお金を無事に返したとのこと。

もし、俺だったら・・
多分、見て見ぬふりをして通り過ぎていたかも?!

この話で思い出したのが、だいぶ前に読んだ本にあった記事。
誰が書いたか忘れたけど・・

「授業中に、僕の前の席の女の子がオナラをした。
その子は、クラスの中で一番かわいくて、人気者だった。

授業中だったので、オナラの音は教室中に聞こえた。
すると、音が聞こえたとたん、彼女の隣に座っていた日頃物静かな男の子が、「オナラした、ゴメン!」と言ったのだ。

僕は女の子の真後ろに座っていたので、女の子がオナラをしたのはわかっていたのですが、隣に座っていた男の子のとっさの判断(思いやりと勇気)には、驚きました。

きっと今でも思いやりを持ち続けている立派な大人になっている事でしょう!」

 

こんな話も・・

「授業中、ある男子が立ちあがって掃除用のバケツを持って教室を出て行ったかと思うと、バケツに水を汲んできて、目の前の女の子に、バケツの水をかけた。

女の子は全身水濡れ。

先生は、女の子には『早く家に帰って着替えてきなさい!』と指示して、男子生徒には濡れたところを掃除して、廊下に立っているようにと罰を与えた。

授業が終わり、一番最初に教室を出た教師は、廊下に立っている男子に近寄り「ありがとう」と言い、親指を立てて感謝のポーズ。

そう、女の子はおしっこを我慢できずにお漏らしをしてしまった。
それを隠すために、男の子は悪役を演じて、女の子を救ったのだ。

 

 

もう一つ、ヴィクトリア女王の有名な話。

「招かれていたある国の貴族が、晩餐会の際に、フィンガーボウルの使い道を知らず、誤って中の水を飲んでしまったそうです。
ヴィクトリア女王は、来客に恥をかかせないために、それが指を洗う物であることを知りながらも、中の水を飲みました。」

いずれの場合も、とっさの判断の行動だよね。
ホントの優しさ、勇気って、こんな時に現れるんだ!

計算ずくの優しさは「スタンドプレー」でしかない・・
まあ、計算づくでも優しい行動は、やらないよりは良いけどね!

夕映えの羊蹄山

先週、16~17日の登別~函館~松前の出張の帰り。
18:00頃、喜茂別付近。
西に沈む夕日を浴びている羊蹄山の裏側(東側)から撮った一枚。
ちょっと、良いよね?!
インスタ始めようかな(笑)

オンネトー

10~11日の帯広~釧路の出張。
2日目、弟子屈から帯広に向かう途中に有名な「阿寒湖」がある。
その阿寒湖から10分ほど足寄方面へ走ったところに「オンネトー」がある。

美瑛にある「青い池」は有名だけど、このオンネトーは「エメラルドグリーンの湖」って言っていいほど、綺麗な緑色をしている。

また、見る場所にもよって湖面の色が違って見える。
俺の安いスマホのカメラじゃなくて、高性能のデジカメで撮ったら、この美しさが伝わるのだろうけど・・・

とにかく綺麗なので近くを通ったら、是非、寄り道する価値は充分あると思うよ!やっぱ、北海道って素晴らしいね!!

 

カレー三昧!

10~11日の帯広~釧路の出張。

初日、釧路での昼飯はネパールカレー!
二日目、帯広での昼飯はネパールカレー!

ついでに、先週16~17日の室蘭~函館の出張。
初日、伊達での昼飯はネパールカレー!
二日目、江差での昼飯はネパールカレー屋さんがなかったので「昔風 しょうゆラーメン」

出張の楽しみと言えば、その土地の食べ物だけど、今じゃ全国チェーン店ばかりで楽しみが無くなった。

その点、ネパールカレー屋さんは個人経営が多いし、不味くて食べられない失敗がないからね。

ビスターレは、チェーン店で北海道中にあるけど、やっぱりチェーン店の味だよね。
可もなく不可もなく・・・

こんなもんばっかり食って、ダイエットしたいだなんて・・
願望と行動が真逆だ!
俺の場合、すべてがこうなんだ・・

釧路市動物園 頑張れ「ココア!!」

10~11日の帯広~釧路の出張。
初日の2件目の営業先は「釧路市動物園」

ここの一番人気は、アムールトラの「ココア」
ココアは軟骨形成不全症という先天性心疾患で、障害があり、人工保育で育ちました。
今でも、後ろ足が極端に小さく引きずりながら歩く姿は、やはり可哀そうです。
でも、明日5月20日で満11歳になります。
双子で生まれたオスのタイガは、1年3ヶ月で生涯を終えました。

さて、隣のオリには雄・雌のライオンが一緒に飼育されているんですが、なんと俺が行った時は交尾の真っ最中。
ライオンの交尾を目の前で見れた人なんてめったにいないんじゃないかな?!
・・で、交尾の時は雄が雄叫びをあげるていたんだけど、その声の凄まじいこと!
動物園中、とどろき渡るような迫力の声。

きっと、交尾の時って、無防備だから雄叫びをあげて襲われないようにしているんじゃないかな?
それとも「あの瞬間」の声なのか?
・・・で、終わったあとは何事もなかったような顔をしてるんだよね・・

不思議なのは、ライオンの交尾の声を聞いて、猛獣舎の他のトラやライオンが発情しないのか?と思ったら、全くの無関心って態度。

動物園って、いくつになっても楽しい!!

 

丹頂鶴

10~11日の帯広~釧路の出張。

なんと、車を運転中、道路沿いに丹頂鶴がいました!!
その距離2mあったかどうか?!

後ろからも車が来ていたので、すぐに停車できず、ようやく停車して写真を撮ろうとしたら、鶴君、道路を横断して遠くの空地へ移動していました。

やっと撮れた1枚が、米粒ほどの画像ですが、今、まさに飛び立とうとしているところ!

翌日は、目の前に大きなエゾ鹿が飛び出しててきて、あわや接触事故!

さすが、大自然の宝庫・・「北海道!!」

是非、ナマで丹頂鶴を見に来て下さい!
思わず息を飲む美しさです!!

おっぱい神社「乳神神社」

10~11日の帯広~釧路の出張。
釧路の手前の町、浦幌の国道沿い!
いつもドキンッ!とする看板
「おっぱい神社」
なんと魅力的な神社でしょう!!
今回、割と時間の余裕があったので寄ってみました。
この季節、道東は丁度サクラの見ごろ!
小さなお社・・その名も「乳神神社」(ちちがみじんじゃ)
おっぱいの形をした石が祭られています!
乳首のついた石も!!
「おっぱいを撫ぜたその手で、自分の体の調子の悪いところを撫ぜる。それを3回繰り返すとよい!」
とのこと。
ハイ、堂々とおっぱい触ってきました!!
この神社には稲荷神社もあって、のれんの間に名刺を挟むと良いとのこと!
ちゃんと名刺を挟んできたよ。
更に、夫婦桂という根元が一緒で幹が湧かれている珍しい木も!
縁結びの神様だそうです!
もっと、ビックリするのは「水子」を供養する小さなお社もあって・・・
本殿は「浦幌神社」です!

植村直己記念館

10~11日の帯広~釧路出張。
最初の営業先は「おびひろ動物園」

おびひろ動物園の中に「植村直己記念館」がある。
・・・で、今度植村さんのオリジナルグッツを請け負うことに!!

植村さんと、おびひろ動物園との関係は、植村さんが北極圏12000キロ犬ぞり単独走破した時のエスキモー犬と別れるのが辛くて日本に連れて帰ってきて、寒冷地のおびひろ動物園に2頭を寄贈したのが始まりだそうです!
(旭山動物園にも寄贈)

マッキンリーを登頂した後、行方不明になった植村さん。
彼の勇気と冒険心は心を打たれます。

国民栄誉賞まで取った植村さんにちょっとでも関われる仕事が出来て嬉しい・・・
動物園が仕事先って、羨ましいでしょう?!

ちなみに今日は「愛犬の日」だそうです!!

ニュースポーツで町興し

10~11日は、帯広~釧路の出張。
写真は休憩で寄った「芽室神社」

芽室は帯広の手前の町で「ゲートボールの発祥の地」なんだって!
ちなみに、帯広を通り越した隣の町、幕別は「パークゴルフ発祥の地」なんだって・・

北海道はニュースポーツで町興しが盛ん。

発祥地だとマスコミにも取り上げられるし、全国大会も開かれて、全国から集まるから観光にも一役買ってる。

北海道発祥のスポーツが、オリンピック種目なんてなればいいなあ~~!

対岸の火事ではなく、自分のこととして

日の池袋での事故、昨日の大津の事故。
たまたま信号待ちで居合わせた何の罪もない母子と園児が亡くなった。

残されたご家族は、気が狂わんばかりの怒りと悔しさと悲しみで生き地獄だと思う。
被害者側ではなく、加害者側の家族も一生笑えない懺悔の日々を過ごさなくてはならない・・こちらも生き地獄。
事故って、ほんの一瞬の気の緩み、不注意で起きるもの。
俺は幸い人身事故を起こしたことはないけれども、たまたま運が良くて胸を撫ぜ下ろしたことはある。
一個先の信号を見ていて、手前の信号を見落として、赤信号で交差点に入ったことが。
幸いに、左右から来る車が無かったから何事もなかったけれども・・

きっと止まるだろう!の「だろう運転」は禁物。
止まらずに出てくるかも?の「・・かも運転」を心がけようぜ!
それと、スマホを見ながらの運転。
信号が変わってもスマホに夢中になり動き出さない運転手。
昨日の事故を教訓にもう止めよう。