「ラストメール」 その十六 徳満耕史著

私が、まだ高校生の頃、初めて男の人と付き合った人が、ストーカーだったの。
とにかく、いつも一緒に居なくては駄目な人で、学校の登下校も一緒、お休みの日も一日中一緒に居なくては気が済まないの。

服も、肌の露出の多い服は絶対に許してくれなかった。
だから、いつもデニムのパンツばっかり。
私服のスカーを着ることなんて一度も無かったわ。

年頃だから、おしゃれもしたかったのに許してもらえなかった。
例えば、クラスメイトの男の子と、ちょっとでも雑談すると、「お前、あの男に気があるんだろう」ってものすごく怒られて殴られた。

最初は、愛情表現だと思って我慢していたけど、愛情ではなく、ただのオモチャだとしか私を見ていない事に気がついたの。

それからは地獄だったわ。
会えば、必ずエッチさせられたけど『早くおわらないかなあ~』っていつも心の中で泣いていた。
だからその頃は、こんな辛いなら一生エッチなんてしなくてもいいと思っていた。

ストーカー君とは、高校を卒業して社会人になっても続いていたの。
何度も、別れ話を出したけど、その度に彼は逆上して・・・
殺されるかもしれないと思うほど恐い思いをしたわ。

逃げ出すと何処までも追いかけてきて、かくまってもらった人にも迷惑をかけてしまうこともあった。
私が勤めている会社や、私の実家や、パパの会社にまで電話して探しまくる人だったから。

周りの人にも、家族にもずいぶんと迷惑かけたし、私だけが我慢していれば騒ぎにはならないから、ストーカー君の言いなりになっていたの。

二度の妊娠も、もしこの人と一生付き合うことになっても、この人の子供だけは産みたくなくて、泣きながらおろしたわ。

そんな時に、出会ったのが今の彼。
命がけで、ストーカー君に別れ話をして、今の彼のところへ逃げたの。

その時は、今の彼が盾になってくれた。
彼にはずいぶんと迷惑をかけたし、本当に力になってもらったわ。

そんな思いをしてやっと別れる事が出来たのに、ストーカー君。
なんと、半年後には他の女の人と結婚したのよ。

偶然、街ですれ違った時、突然抱きついてきて「俺の本心は紗希と結婚したかったんだ。今の嫁さんとは別れるから、もう一度やり直さないか?!」って言われた時には、もう何も信じられなくなった。

やっぱり一緒なの、
男は。

今の彼は、ストーカー君とは違うけど、今度は変態オタク。
ただ、私の体を自由にしたいだけで、ストーカー君から救い出してくれただけ。

人のオモチャが羨ましくて、横取りして自分のオモチャにしたいだけだったの。
いろんな男の人から言い寄られたけど、結局はみんな男の人は同じね。

それが分ってからは、私は、彼の目を盗んでは色々な男の人と寝たのよ。
寝るのが目的ではなく、狙った獲物を墜とすことが目的。
誘いにのって、相手がその気になったら、一度だけ寝て終わり。

男性って一度寝たら、もう自分の女だって思い込んでしまうのね。
次も当然抱けると思って、その気になっている男の人に「あなたみたいな下手な人とは二度と寝たくないわ、バ~~カ」って言ってやるの。

そう言われた男の人はみるみる顔色が変るわ。
プライドがズタズタにされた、男の人のみじめな顔を見るって快感!

私って最低の悪魔でしょ。

私ね、本気で人を好きになったことが無いの。
愛情のあるエッチなんて嘘だと思っている。

どんなに、愛妻家の男の人でも、こっちからわざと隙を見せて誘えば必ず間違いをおかす。
男の人って所詮そんなもの、紳士のふりをしても結局は同じ生き物。

どうせ、男の人はみんな同じだから、きっとまた裏切られる。
もう、傷つくのは嫌。

だから、秀雄さんのことも、心のどこかでは信用していないの。
ごめんなさい、女神の正体がこんな悪魔で。

メールを読み終えて、しばらく呆然とした。
直ぐには、返事を書くことが出来ずに、返事を書いたのはその日の夜だった。

「ラストメール」 その十五 徳満耕史著

社長の一言一句がありがたかった。
まさか、こんなに温かく迎えてくれるとは予想もしなかった。

紗希が現れたから、すべてが良い方向に向かっていくような気がした。
早すぎず、遅すぎず、絶妙なタイミングで紗希が現れた。

その後、以前お世話になっていた仕入先をすべてまわったけど、一部の会社を除いてほとんどが、最初に行った会社の社長様同様、もし再開するなら協力を惜しまないと手を差しのべてくれた。

仕入先のメーカーさんをすべてまわり終えた後、次はお得意先に挨拶にまわった。

「下ちゃん、どうしてたの。
元気だった?
今は仕事何しているの?」

「お陰様で体だけは元気です。
今は決まった仕事はしていなくて無職です。」

「だったらさあ、もう一度やりなよ。
下ちゃんの会社で卸してくれていた商品はよく売れたからさあ。
実際、下ちゃんの会社が潰れてから、ウチの売り上げがすごく落ちちゃって困っていたんだよ。
もう一回、下ちゃんが会社を再開してくれたら助かるなあ」

「いや、今は商品を仕入れする資金もないし、再開しても上手く行く保証もありませんから・・
これ以上、ご迷惑はかけたくはないと思っています。」

「だったらさあ、前金で代金払うよ。
任せるから下ちゃんの裁量で商品仕入れてきてよ。
現金で仕入れするんだからメーカーさんも安心だし、きっと大歓迎だよ」

「でも、仕入れたものが売れなかったらお店に迷惑がかかります」

「だから、そこは下ちゃんの目利きを信用しているわけよ。
下ちゃんが選んでくる商品は必ず売れるんだから。

それに下ちゃんが仕入れしてきた商品は、店員さんに集中して売るように店長命令出すからさ、大丈夫。
売れ残ることなんてないって。
ウチの店員さん、下ちゃんのファン多いから」

ありがたい話だった。

“前金渡すから、そのお金で仕入れして”なんて、通常の取引ではあり得ないことだ。

確かに、先にお金を頂いて、メーカーから仕入れした商品をお店に卸し、その商品が売れれば、みんなが喜ぶ結果になる。
売れることが最低条件ではあるけれども。
その日の夜、紗希へのメールで仕入先やお得意先との会話を詳しく書いた。

『秀雄さん、すごいね』

みんな、秀雄さんが前の仕事を復活するのを、心待ちにしてくれていたんだね。
普通は絶対にこんなことないと思うよ。
普通、会を潰した会社の社長さんって雲隠れして、二度と関係者の前には姿を見せないでしょう。
なのに、秀雄さんはお詫びの挨拶をしてまわるから、多分秀雄さんのことを怒っていた人も、真摯な態度を見て、見直したのね、きっと・・・

『違うんだよ』

本当は、俺はお詫びの挨拶廻りするをつもりなんかなかったんだ。
申し訳なくて、情けなくて、合わす顔がなくて雲隠れしていた。

友達の会社を辞めて、何かを始めようと思った時、まずは迷惑をかけた方々にお詫びしなければ、何をやっても上手く行かないぞ!って、声が聞こえたのさ。

その声の主が、紗希だったんだよ。
紗希は、自分のことを悪魔だって前に言っているけど、やっぱり俺にとっては女神さんになりそうな気がする。

翌日の朝、受信ボックスを開くと紗希から衝撃的な内容のメールが届いていた。
多分、深夜、時間をかけて書いたのだろう。

『本当の事』

秀雄さん、これから書くことを読んで、びっくりしないでね。
秀雄さんが、私のことを誤解して女神なんて言ってくれるから、本当の私のことを伝えておかないと、とても悪くて・・

これから書く私が本当のわたしなのよ。

英雄の書 黒川伊保子著

「さぁ、狼の口の中へ」
脳は、失敗しなければ成功できない。
脳は、孤高でなければ特別になれない。

ちょっと惹かれるフレーズだね。

前回と同様、女性が書いた脳科学の本。

アマゾンの紹介文より
↓ ↓
脳は、この世に生まれてきた以上、その脳だけの「感性地図」を描き続ける。
同じ経験を持つ人が二人といないのだから、同じ脳神経回路を持つ人は二人といないのだ。

だから、誰かの正解をなぞらえて満足するような脳なんて、この世にいないのである。

この世に、あなたの脳は、たった一つ。
あなたの人生のものがたりも、たった一つだ。

あなたのものがたりをドラマティックに盛り上げてくれるイベントを「失敗」と呼んで怖れたり、いちいち傷ついていたら、何も始まらない。

さあ、人生を始めよう。
きみ自身が、ヒーローになって
……狼の口の中へ。

闘う君へ

「ラストメール」 その十四 徳満耕史著

まずは仕入れ代金を決済出来ずに、迷惑をかけたメーカーさんにまわろうと思った。
罵声を浴びせられるのは覚悟の上だった。

今出来ることは、誠心誠意謝ることだけだと自分に言い聞かせた。
幸いなことに、連鎖倒産は自分の会社で止まっていて、メーカーさんの会社は残ったままだった。

恐る恐る、主要メーカーさんの会社の玄関の扉をあけた。
中にいた社員は皆、驚いた顔で秀雄を見た。

中には明らかに怒気を帯び、秀雄を睨み付けている社員もいる。
当然だろう、連鎖倒産は免れても、減給やボーナス額が減ったこと想像に難くない。

その責任は自分にある。
「何故、もっと早く謝りに来なかった」
と目が語っていた。

受付の女性に社長に面会を求めると、すんなりと応接室に通された。
しばらく待たされたのち社長が現れた。

「下ちゃん、久しぶり!今何しているの?」

(罵声を浴びせられると覚悟していただけに、以前と変わらない口調に拍子が抜けた思いがした)

「しばらくの間、友達の会社に世話になっていましたが、今は無職です」

「でっ、これから先どうするの?」

「まだ、漠然としていますが、友達の会社でやっていたようなインターネット関係の仕事を一人で立ち上げてみようかと思っています。
でも、それだけじゃ食べていけないので、バイトも掛け持ちしようと思っています」

「そうか・・・また前の仕事をやり直すから、もう一度商品を分けてくれと頼みに来たのかと、期待していたんだけどな」

「社長様にはご迷惑をかけてしまったにもかかわらず、お詫びするために、お邪魔する勇気が出ずじまいでした。
しかし、もう一度、人生を前向きに頑張ってみる気持ちになりました。
それにはまずご迷惑をお掛けした皆様にちゃんとお詫びすることがなにより先決だと思い、意を決してお邪魔した次第です。
今のところは前の会社と同じ様な仕事をしようとは思っていません。
今は、生活するだけで精一杯で、仕入れする運転資金もありませんし、たとえ資金があったとしても、それはご迷惑をかけた皆様に返済するのが筋だと思っています」

「迷惑をかけたと言っても、下ちゃんは手形に裏書して回しただけだろう。
まさか、あのグリーン・ハウスが、こんなにあっけなく潰れるなんて誰も予想がつかなかったよ。
言って見れば下ちゃんだって被害者だ。
だから、俺達仲間内では、下ちゃんのことを悪く言う奴はいないぞ。
それどころか、もし下ちゃんがもう一度やり直したいって言えば、皆で協力しようって言い合っていたくらいだから。
消息不明になっていたから、みんな心配していたんだぜ」

「本当にご挨拶が遅くなってすみません」

「いやいや、逆に遅くなったほうが良かったかもしれない。
下ちゃんの会社が駄目になった当初は、正直、俺の会社も資金繰りに穴があいて大変だったよ。
そんな時に下ちゃんがのこのこ現れたら、聞く耳持たずに追い返していたかもしれない。
でも、半年経った今はだいぶ落ち着いたから、喜んで下ちゃんの復帰を応援出来る様になった。
丁度良い時期じゃないかな・・
それは、下ちゃんと付き合っていた連中、みんな同じだと思う」

「ありがとうございます。
皆様の優しいお気持だけを頂いておきます。
でも、やはりご迷惑をおかけして、その返済も終わらないうちに商品を分けて下さいという厚顔なお願いをする事は出来ません」

「相変わらず堅いなあ。
下ちゃんは、個人で債務保証していた訳じゃないのに財産を全部処分して社員の退職金に回していたそうだね。
そのことは、下ちゃんは口に出さないけど、俺のところと下ちゃんの会社の銀行の担当者が一緒だったから、そいつから聞いたよ。
人が良いというか、バカ正直と言うか、さすが下ちゃんだって感心していたんだよ。
それに奥さんとも別れる羽目になって、もう充分清算は済んでいるじゃないか・・
人の好意は、素直に受けた方がいいぞ。
前みたいに俺のところの商品をたくさん買ってくれたら俺の会社も助かるし、俺に悪いと思うなら、もう一度いっぱい仕入れて儲けさせてくれよ」

「有難いお言葉、心に沁みます。
微力ですが社長様のお役に立てるのであれば、もう一度良く考えて見ます」

「下ちゃん、気にしないでこの業界に帰っておいで」

幸せをつかむ脳の使い方 中野信子著

まず、漫画で描かれたエピソードがあって、その解説が「脳科学」的見地から説明されてあって、とても分かりやすい。

人間の行動は脳が指令を出しているわけだから、その脳の仕組みを知ることは、自分の理想を実現するための行動を促すのにとても大切だね。

「脳科学」「心理学」のスタンダード常識がすんなりと理解できる良書だと思うよ。
ただし、この本は女性限定だわ!

じゃあ何故、トクさん読んだの?って突っ込まれそうだけど、とある女性からカウンセリングを頼まれて、その相談の適切なアドバイスを勉強するために買った本。
結構、役にたった。

「ラストメール」 その十三 徳満耕史著

次朝、夜明けと同時に目が覚めた。
昨日の朝までこの部屋に紗希がいたと思うと、不思議な感じがした。

トーストと珈琲だけの、簡単な朝食をすまし、久しぶりにカッターシャツに袖を通した。

ナイフで刺された腕の傷の包帯は、薄く巻いたのでどうにか目立たなく出来たが、骨折した指のテーピングは隠しようがなかった。

下仮園が経営していたのは、雑貨品の卸問屋だった。
扱っていた商品は、輸入雑貨、ファンシー雑貨、アクセサリー、玩具、コスメ、テーブルウェアー、アンティーク、ハーブ関連グッツ、アパレル衣料、ナイトウェアー、ステーショナリーなど多岐に渡っていた。

その多岐に渡る商品を下仮園が一人で国内外のメーカーから仕入れしていた。
仕入した商品は、雑貨店や量販店やシティーホテル内のテナント店に卸売りしていた。

社員数は80名、年商は100億円を超え、北海道の雑貨の卸問屋では、ダントツ一位のの売上規模を誇っていた。

一番のお得意先は、小樽の倉庫屋さんが会社の倉庫を改装し、雑貨店に改装した店だった。
それまではただの倉庫だったのが、急激に若い女性の集まるお店に変貌した。
そのお店の名前はグリーン・ハウス。

このお店をオープンするに当って、品揃えをすべて任されたのが、下仮園の会社だった。
小樽の一号店は爆発的な売り居上げを記録し、勢いに乗って次々に新店舗を開店させていった。
勢いは北海道だけにとどまらず、本州でも次々に出店していった。

お店でもメインの商品は下仮園の会社から仕入れていたので、グリーン・ハウスと下仮園の会社とは切っても切れない運命共同体となっていった。

グリーン・ハウスの幹部は、全国的に規模が膨れ上がると、下仮園の会社を通さず独自にメーカーから直接仕入れる割合が増えてきた。

しかし、洗練された下仮園の商品にたいする目利きと、グリーンハウスの素人バイヤーの目利きとでは全く違った。
また、素人バイヤーはメーカーからの過度の接待を受け、次第にメーカーの言いなりに仕入れをするようになっていった。
すると明らかに、売れ残りが目立つようになり、その処分の為に処分価格で販売する。
特価販売は毒薬で、商品は売れるものの、利益が薄く中には売れば売るほど赤字になる商品もある。

特価販売が続くと、お客さんは定価では買ってくれなくなり、その為処分価格で販売せざるを得なくなる悪循環が続いた。
それに、加え新規店のオープンラッシュが続き、次第にグリーンハウスの資金繰りが厳しくなっていった。

下仮園は、グリーン・ハウスの経営状態には危惧を抱いていた。
会社の売り上げの半分以上はグリーン・ハウスで占めており、経営状態が悪いからといって、すぐに手を引くことは現実的ではなく徐々に依存度を減らそうと考えていた。

即座に関係を打ち切ると売り上げが半減し、大量の社員をリストラをしなくてはならなるのもずるずるとグリーンハウスと取引を続けた一因でもあった。
下仮園にとって、一緒に会社を大きくしてきた社員は家族のようなもので、首を切る決断はとても出来なかったのだ。

時間はかかるが少しづつグリーン・ハウスとの売り上げを減らし、減った分を他のお得意先への転化で乗り切ろうと考えていた。

しかし、グリーン・ハウスの転落の速度は下仮園の予想を大きく上回った。
本業以外の株式投資や不動産投資にも手を出したのが失敗し、急激に資金繰りを悪化させていた。
そのことは、下仮園には極秘にされていた。
しかし、グリーンハウスの経理担当から「下仮園には申し訳ないので・・」とこっそり事実を教えられた。

一刻も早くグリーン・ハウスから手を引かねば!と決心した矢先に倒産の報が入った。
目の前が、真っ暗になった。
不渡りになったグリーンハウス振り出しの手形の額は10億円を超えていた。
とても、裏書きして回した手形を買い戻せる余裕はなく、下借園の会社も連鎖倒産するしかなかった。

下仮園が個人補償している債務はなかったが、社員を放り出して一人だけのうのうと無傷でいられない。

自宅をはじめ、手持ちの資産はすべて売却し、預貯金もすべて社員の退職金にあてることにした。
妻と子供は、実家に戻ることになった。
妻の実家は地元では有名な大地主で、その土地をスーパーの敷地に賃貸し、コイン駐車場をいくつも持つ裕福な家だったので、妻と二人の娘の生活は心配はなかった。

家の明け渡しが迫ったある日、妻から離婚したいとの申し出があった。
無職になった今、引き止める資格もないので、ためらうことなく了承した。
妻と娘は実家に戻り、秀雄はほとんど手ぶらでこのアパートに越してきた。

妻が離婚を言い出したのはこれから先、自分と子供がいたのでは足でまといになる。
秀雄の将来のことを思って自ら身を引いたことは分かっていた。

妻がそれを口に出さないだけ余計に辛かった。

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 田中 修治著

能書きはいいから「とにかく読め!」俺が太鼓判押すから!
と、誰かれ構わず言いたくなるくらい面白い本だった。

多分、今年読んだ本の中では一番だと思う。

内容は、書名の通り「オンデーズ再生物語」
年商20億に対して借金14億の会社を再生させるなんてあり得ない話。

「事実は小説よりも奇なり」と言うけれども、池井戸潤氏の小説のはるか上をいく波乱万丈のストーリーで、物語は進んでいく。

アマゾンのレビューで★5つが92%
★1つ、2つが誰もいないことでも分かる通り、辛口レビュー投稿する玄人な読者をひれ伏させる圧倒的面白さ!

老若男女、とにかく誰が読んでも面白いので、これは読まないと損。
俺が、ここまで推薦する本は初めてかも!!

「ラストメール」 その十二 徳満耕史著

『こちらこそ、ありがとう』

紗希、仕事ご苦労さん。

昨日はあんなことがあったし、夜もほとんど寝ていないんだから、今日の仕事は疲れただろう?
今日は、何も考えずに早く寝なよ。

メールに色々と書いてあったけど、全然変な女性だなとは思わなかったなあ~。
確かに、あんなことがあった後にしては、落ち着いていた・・・と今、言われてみればそう思えなくもないけど。

紗希が今まで接してきた男性が、どんな人だったかは知らないけれど、いくらなんでも、あの状況で抱きたいなんて言う常識のない奴はいないだろう。

でも、紗希がそう思ったって事は、今まで付き合ってきた男性が、よほど変な奴らばっかりだったのかもしれないね?

唐突だけどさ、紗希が俺にとっては、ある意味、女神的な存在になるかも知れない。
何か、そんな気がする。

ご両親に気付かれなくて良かったね。

その夜、また紗希からメールが届いた。
『ご返事ありがとうございます。』

秀雄さん、こんばんは。
今、お仕事から帰ってきました。
昨日は、殆ど寝ていなかったので、やっぱり疲れました。

ちゃんとご返事して下さってありがとうございます。
もし、秀雄さんからの返事が来ていなかったら気になって、今夜も寝られないところでした。
お陰で今日はぐっすり眠れそうです。

でも秀雄さん、私のこと・・・ずいぶん誤解しているよ。
秀雄さんは知らないけど、本当の私は悪魔みたいな女なの。

だから私が、秀雄さんにとって女神的な存在になるなんて、とんでもないことだわ・・