「ラストメール」 その七 徳満耕史著

「詳しく話せば長くなるから簡単にいうと、今年の春先まで経営していた会社を潰しちゃったのさ」

「えっ、秀雄さん、社長さんだったんだ」

「つい、半年くらい前まではね・・
社員の生活も奪ってしまったし、わずかな財産も家族もすべて失った。
一度経営者をやると、失職したからって人の下で働くのは難しい。
雇う方も元社長だと使いづらいし、この歳だからなかなか就職先が見つからず・・・
情けないけど、友達の温情に甘えて彼の会社で働かせてもらっていた」

「奥さんと別れたのは、よく聞く話で借金取りから家族を守るためだったから?」

「そんな、美談じゃない。
愛想尽かされて出て行かれた。
借金抱えた甲斐性無しの男に、いつまでもついて来るなんて、そんなドラマみないな話はないよ。
苦労するのが分かっている俺について来るよりも、実家に戻れば寝るところもあるし、食べるのにも困らない。
パートで働いていれば、取りあえず生活は出来るからね」

「秀雄さんは、未練はないの?」

「あの時に、こうしとけば良かったとか、もっと他に方法があったのでは?と、今になって思うことはたくさんある。
でも、その時は周りを見渡す余裕がなかった。
寝るのを惜しんで頑張った。
でもダメだった。
今は、済んでしまったことを悔やんでみてもしかたないと思ってる。
後悔があるとしたら妻と娘達に辛い思いをさせたことかな」

「上の娘はたまに、ひょっこりと来て掃除して夕飯を作ってくれる。
昨日も来てくれてみたいだけど、帰りが遅くなって会えなかった。
下の娘も来たがっている様子だけど、まだ一人では来られないし、ママに気をつかっているのか、まだ来たことはない」

「じゃあ昨日、私のことがなかったら、娘さんと会えたのね。
ごめんなさい・・
普通、そのくらいの歳の女の子なら、パパを毛嫌いするのに。
社長さんから、無職のパパになっても会いに来てくれるなんて、ちゃんと秀雄さんのことわかってくれているんだわ。
優しい娘さんね」

「いや、娘はメールで遅くなると伝えたから、とっくに帰っていたはず。
だから、昨日の件があってもなくても会えてはいなかったよ。
気にしないで。
俺の、身の上話はこれくらいにして、紗希の服買ってから、どっかでメシ食おう」

「服なんていらないわ。
今、買ってもらったばっかりなのに」

「この服は取りあえずこの部屋出るため。
仕事に行くにも家へ帰るにしても、いつも着ている様な服じゃないと不審に思われるだろう。
それに下着だって、俺のトランクスじゃいくらなんでもマズいだろ」

「だったら、自分で買うわ。
これ以上秀雄さんに迷惑かけられないもの」

「気にすることはないって。
実は娘にも服を買ってあげたいんだけど、どんな店でどんな服かっていいか全然わからなくてさ。
だから、今日はその練習。
下着を買うところまではついていかないから安心して」

「すごく嬉しいけど、すごく申し訳ない気持ち。
初めてあった人に助けられて、そしてこんなによくしてもらうなんて。
ちゃんとお礼はさせてくださいね」

「お礼はいいよ、気持ちだけもらっとく。
それに昨日のことや俺のことは、早く忘れた方がいい」

「どちらも、忘れられる訳ないじゃない・・・」

逆境の教科書 山口伸廣著

今、自分が逆境のさなかにいると思っている人は少ないと思う。
だから関係ないと思うのは早計で、人生に一度や二度は必ず苦境に陥ることはある。
その時に耐性がないと、ずるずると深みにハマったり鬱病を発症してしまう。
まあ、保険みたいなつもりで、逆境の乗り越えた人の体験談を知ることによって、心の備えをしておくのもよいと思うけどね。

今、まさに北海道の観光業が逆境真っ最中。
報道によると、震災後50万人の旅行者が北海道旅行をキャンセルしたとのこと。
ある飲食チェーンの方に聞いたら、停電の影響で破棄した食材は5000万円以上だったと。
休業を含めた損害は、軽く1億円を超すと嘆いていた。

お店やホテルは閑古鳥が鳴き、アルバイト従業員も仕事を減らされているとのこと。
だれが、北海道で大地震が起こり、ブラックアウトが起こると予想しただろう。

まさかの苦境・逆境に陥ったときに、考えかた次第では「ピンチをチャンスに変える」または「ピンチから早く抜け出す」人と、自己憐憫だけで前に進むことが出来ない人に二分される!

俺なんて逆境の中に長くいるんで、すっかり耐性が出来てしまって、少々の困難ではヘコタレなくなった。
まだ、耐性が出来ていない人は「逆境の教科書」を読んで、耐性をみにつけよう(笑)

・・で、本の内容だけど、俺からすれば綺麗事過ぎる気がする。
著者は建築会社の社長だったのを、役員会議で解任され、個人保証していた債務のために自宅や預貯金もはぎ取ら丸裸になってしまった。
そこからの復活劇の話だけど、結果、復活できたから本を書けたけど、再現性のある「教科書」かというと疑問符が・・・

本には書いていないけれども、「血みどろの戦い」や「えげつない戦略」「軍隊式の根性」「表には出せない醜聞」「裏切り」など、地を這い砂を噛むような辛い所業を経てやっと復活したのではと思う。

そんな人間臭い話が知りたかったけれども、中身はちまたに溢れる自己啓発書と大して変わらない。

不動産・建築業界の闇の世界の話など、もっと読みたかったので、ちと残念!!

コーヒーが冷めないうちに 川口俊和著

本屋さんでは一番良い場所に山積みされているし、前評判がものすごく良い本だし、映画も公開されるということで、かなり期待して読んだ本だったけど・・・

ガッカリは言い過ぎかも知れないけど、少なくとも期待値までは全然及ばなかった。
★をつけるなら、せいぜい甘アマで3つくらいかな・・・・

『とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった』

過去に戻れる非リアルの設定が興醒めするのではなくて、ファンタジーと悲話を両立させるのは難しいのかもね。
同じ時間移動の作品でも、ファンタジーに徹した「Back to the Future」の方が俄然楽しめる。

また著者のコメディっぽいの文調が悲話に合わないので違和感がある。
重箱の隅をつつくつもりはないが、矛盾や疑問点も多々あって感情移入もできない。

小説の舞台に登場するのは常連さんだけ・・・
しかも、時間移動するのは常連さん。
その理由も「涙する」ほどたいしたことでもないし・・・
もっと切実に過去に戻りたい人のことを思えば、バカにしてるのか?!とさえ思えてしまう。

こんな辛口批評をして大丈夫かとな?と思って、恐る恐るアマゾンのレビューみたら、俺より辛辣だった。

なにしろ、★5つが25%、★1つが37%。
が、如実にものがっているね。

又吉著の「火花」の時にも思ったけど、普段本を読まない人がマスコミの話題になってので読んでみて、面白かったとの評価を付けているんだろう。

まっ、本と映画は違うから・・・
有村架純ちゃんを観に行くだけでも良いのかも。

「ラストメール」 その六 徳満耕史著

紗希が用意してくれた朝食は本当に美味しかった。

 

いつもは朝食抜きか、食べてもコンビのパンと缶コーヒーくらいだ。
久しぶりに自宅でちゃんとした朝食だったの余計に美味しく感じたのかも知れない。
しかし決してそれだけではない、しっかりした家庭の味を紗希は受け継いでいると思った。
お母様が大切に育てているのだろう。

まずは何より先に、紗希の服を買わなければ・・・
この部屋からは出ることが出来ない。

 

右手の刺された傷と、多分折れたと思われる腫れあがった指の治療はどうするか・・・

医者は、腕の傷や指の骨折、体中の傷を見て事件性を疑うかも知れない。
事件性があれば、警察に通報すると聞いたことがある。
警察に呼ばれ追及されると、昨夜の件を隠し通すだけの自信はない。

となるると、紗希も昨夜のことは根掘り葉掘り取り調べをうけるだろう。
当然、紗希の両親にも昨夜のことは知られてしまう。

 

紗希に昨夜の男のことを訴える気があるかどうか確認してからのことになるが、今は病院にいかない方が賢明に思えた。
刺された傷は消毒し市販の薬を使えば、痕は残るかもしれないけど自然と治るだろう。
骨折していると思われる指もテーピングしてればどうにかなるだろう。

「紗希、服買ってくるよ」

「お仕事、行かなくていいの」
「この手じゃキーボード打てないし、それに俺がいてもいなくてもあまり変わらないんだ。
丁度、昨日大きな仕事終わったばかりで俺の出番もなくなったし。

それより、紗希の仕事は?」

「今日は遅番だから、午後3時までに出ればいいの」

それを聞いて、秀雄は近くの大型スーパーに紗希の服を買いに行った。
とはいえ、とりあえず外を歩けるためのものなので、適当にカジュアルな服上下を選び、靴下と靴、歯ブラシを買って帰った。

さすがに、下着を買うのはためらった。
「趣味に合わないと思うけど、この部屋を出てちゃんとした服を買うまで、これで我慢して」

「えっ、お世辞でなく秀雄さん、服を選ぶの上手ね。
とっても気にいったわ」

「そう言ってくれると、お世辞でも嬉しい。
調子に乗って、今度、娘の服も買ってやろうかな」

「だからお世辞じゃないってば。
ところで秀雄さん、その手の怪我じゃ、しばらく仕事出来そうもないわね。
私の責任だわ、どうやってお詫びしたらいいかしら」

「だから、何度も言う様に、紗希の責任じゃないって。
紗希は被害者なんだよ。

友人の会社へは買い物の途中に電話して、辞めるって連絡しておいた。
その方が奴の会社にとっては助かるのさ、俺は戦力外なのに無理に雇ってもらっていたから。
いつまでも友達の温情にすがってばかりじゃまずいと、思っていたところだったんだ。
丁度大きな仕事が終わったから、紗希のことがなくても辞めるつもりだった」

「本当は、じゃあ昨日のことがきっかけで、秀雄さん会社を辞めることになったんでしょう?
気にするなって言われても、やっぱりすごく責任感じてしまうわ」

「嘘じゃなく、これからのことを真剣に考えようと思っていたタイミングに昨日の出来事があった。
これが良い方に向かうキッカケになればと思ってる」

「でも、秀雄さん、何か考えていることがあるの?
迷惑をかけた私が聞くことではないことは分かっているけど・・
とても不思議に思うんだけど、どうして奥さんと離婚することになったの?
それに、秀雄さんが定職に就いていないことも・・・」

秀雄は、今日、これからのことを考えた。

最強の心理学 神岡真司著

う~~~~~ん、あまりお勧めできる本じゃないかな・・・

そもそも、「人の心が思いどおりになる」なんて、思いあがった考えを持つ著者が書いた本が優れているハズがない。

「どんな相手でもあなたにコロッと落ちる悪魔のテクニック」だとさ?!
それがホントなら婚活で悩む人はいなくなるね・・・

書いてあることは、常識的というか既知感のあるものばかり。
もしくは著者の独りよがり。

男女間のくだりは、気持ち悪いというか下品。

じゃあ何で紹介したの?と問われれば、表紙に騙されて買わないように!と思って!

でも案外、アマゾンのカスタマーレビューでは★5の人も結構多いんだよね・・・不思議。

そのひとつ
↓ ↓
タイトルにつられて買いましたが、コンテンツのすべてが、大いに納得させる内容で一気に読まされました。
今までにない奥行きを感じさせる心理コンテンツの広がりで、内容の濃さが非常によかったです。
特に感銘を受けたのは、交渉を有利にするためのテクニックです。
中でも「お願いする側から、お願いされる側に回る」ために行う「新たな条件付け」は秀逸です。
また、「リストラから逃げ切る方法」や「ナンバーワン人気キャバ嬢を口説き落とすステップ」も大いに勉強になりました。
人の心理的はたらきをうまく使うと、不可能と思えることも可能になることが、この本で実感できました。
「効きすぎて中毒になる」という惹句は大袈裟ですが、個々の心理技術の解説はしっかりしていて納得できます。
面白かったので一読をおすすめいたします。

 

「感謝」で思考は現実になる パム・グラウド著

 

アスリートが好成績を得て、インタビューされた時の第一声は概ね、
「まずは両親と家族、支えてきてくれたスタッフの皆さん、そうして応援して下さった皆さんのお陰で○○することが出来ました。 感謝します」
と、まるで台本があるかのようだ。

皆が口を揃えて「感謝の意」を表すということは、やはり共通性があるからだろう。
スピリチュアルな世界でも、『宇宙の恩恵を受けるには感謝の気持ちが一番大切』と教えらる。

では何故、感謝すると「成功」し「願いが叶う」のだろう?
そこに合理的な説明がないまま盲目的に信じるのであれば、宗教と同じだ。

この本は感謝をすると「思考が現実する」ための、エクササイズが書かれている。
つまり再現性があるといこと。
再現性とは、誰がやっても同じことをやればおなじ結果をえられるということ。

興味のある人はトライしてみてはどうだろう?!
ただし、男性向きではないかもね・・・

 

 

大人の言葉の選び方 石原壮一郎著

言葉は時代によって移り変わるもの。
例えば、俺が小さい頃流行った月亭可朝さん「嘆きのボイン」

「ボインはぁ〜赤ちゃんが吸うためにあるんやでぇ〜、お父ちゃんのもんとちがうのんやでぇ〜」
「おおっきいのんがボインなら、ちっちゃいのんはコインやで、もっとちっちゃいのんは、ナインやで」

今の世なら、セクハラソングとして放送禁止にされそうな曲だけど、当時は寛容だった。
「巨乳・貧乳」よりは、よほどユーモラスで健全だと思うけど・・・

言葉は変わるものだからこそ、意識して残さなくてはならない。
語彙力の乏しさ、ボキャブラリーの少なさは、手本を見せる大人がいないからだ。

軽い言葉が蔓延する中で、しっかりとした言葉遣いをする人に出会うと嬉しくなる。
「名は体を表す」というけれども「言葉は人柄を表す」と俺は思う。

TPO(これも死語か?)に合わせた、言葉選びが出来る人(特にビジネスマン)は素敵だ。

「相手を立てつつ頼む」「逃げ道をふさぎつつ頼む」
「やんわりと断る」「断らずに断る」「持ち上げてホメる」
「ホメづらいけどホメる」
「謝罪して、評価を上げる、自分を守る」
「なぐさめながら叱る」…

たったの850円。
常に机の片隅に置いておくことを勧めるよ。(俺も置いている)

伝わる文章力が身につく本 小笠原信之著

プレバトの俳句ランキングを見るのを楽しみにしている。
夏井先生の辛口指導が小気味良くてスッキリ!

・・で、語順や助詞を変えるだけで、駄作が名作に変わる「劇的ビフォー・アフター」は見事だよね!
たった17音で、これだけ変わるのなら、普段書いている文章もコツをつかめば、もっと素敵な文章になるハズ!!

SNSやブログ、ビジネスメールで文章を書く機会は格段に増えていることだし、大人の語彙力・文章力も身につけたいところ。

「ヤバい!」 「かわい~い」 「めっちゃ」 「マジっ?」 「ウケる~」

いい歳の大人が、こんな言葉ばかりを使っていたら恥ずかしい。

例題
原文「彼は猛烈に努力してよく遊ぶ」
修正「彼は猛烈に努力し、よく遊ぶ」

この間違いが分からない人は、早速、この本を買って勉強しよう!

 

 

「ラストメール」 その五 徳満耕史著

朝、目が覚めるとソファー横の小さな食卓の上に、豪華な朝食が用意されていた。

たまに娘が来て簡単な食事を作ってくれることもあるので、それなりの調味料と保存の効く食材は多少は用意してある。

しかし、わずかな食材でこれだけの朝食を作ってしまう料理の腕には感心した。

「おはよう、早いんだね」

「おはようございます。
昨日のことが頭から離れなくて、結局朝まで寝られなかったの。
それに、あなたのお布団・・・すごく男臭いんだもん」

「そっか、やっぱりね。それは悪かった。
そう言えばまだ名前を聞いていなかったけど、聞いていいかな?」

「そうだったかしら。
名前も知らない者同志が同じ部屋で寝ていたなんて不思議ね。
私の名前は紗希です」

「素敵な名前だね。
・・で、紗希さんは働いているの?」

「もう、24歳だし、一応働いていますよ。
親もうるさいし」

「ひょっとしたら学生さんかと思ったけど、社会人なんだ。
何系の仕事?」

「パソコンスクールのインストラクターのお仕事です」

「そうなんだ・・・何だか難しそうな仕事だね」

「私が教えているのは初心者の方達ばかりで、簡単な、メールのやり方とかインターネットの接続の方法だとか。
基本的なことを教えているだけだから全然難しいことはないの。

技術的なことよりも、キーボードすら触ったことない人に、パソコンって楽しいなあ!って興味をもってもらうのが一番のお仕事。

人それぞれに、性格や興味のあることってが違うから。
それでもビジネス系のソフトとか、芸術系のソフト教えている人よりはずっと楽よ。

専門的なことを教えているインストラクターさんはお給料も高いけど、常に新しいことを勉強しなくてはならないから大変みたい」

「そうなんだ!
偶然だけど俺も今、インターネット関係の仕事しているんだよ。
とは言っても友達がやっているIT会社のアナログ的な仕事だけど」

「じゃあ、同じ分野のお仕事ね。
解からない事あったら、ぜひ教えて下さいね」

「いやいや、俺がやっているのは、パソコンの知識が無くてもやれる単純作業。
だから、教えてもらうのは、多分、俺の方」

「そう言えば、私もまだお名前を聞いていなかったけど、聞いていいかしら?」

「隠す程の名前でもないからいいよ。
下仮園秀雄だよ」

「えっと、し・も・か・り・ぞ・のさんって、聞いたことないわ」

「九州の田舎にしかない苗字だよ」

「下仮園さんは、九州の出身の方なの?」

「しもかりぞのって、舌をかみそうだろ!
みんなは、俺のこと『下ちゃん』って呼んでいる」

「ええっ、何で北海道に来たの?」

「俺が九州から来た訳の話しをするには、もう一晩、紗希さんに泊まってもらわないといけなくなるくらい長くなるから、いつか機会があったら話すよ」

「じゃあ今日も泊まって、秀雄さんが北海道に来た訳を聞かせてもらおうかしら・・・
嘘、嘘・・・これ以上ご迷惑をお掛け出来ないんで、すぐにおいとましますね」

「まずは、朝飯食おう!」

なぜ賢いお金持ちに短気が多いのか? 田口智隆著

短気といえばネガティブなイメージの方が大きい。
俺も「短気は損気」と思うし、「稚拙・拙速」から人間関係を崩す原因になることも多いと思う。

しかし、著者は・・・
短気であるからこそ、世の中の変化に強く、即断・即決・即行動ができ、未来を予測して先手を打つことができる。
気が短いことと、成功者の哲学には共通点が多いのだ。
という。

即断即決、臨機応変、フレキシブル思考

確かに、成功者に欠かせない資質に違いない。

例えば、ファミレスに入ったとして・・・
成功者はメニューもロクに見ずにオーダーを決める。
逆に、優柔不断な奴はいつまでも決められない。
もちろん、成功できるタイプではないと思う。

てか、成功者は食べたい物を先に決めて店を選ぶのではないだろうか?!

成功できない人は、まず最初の一歩が踏み出せない。
すべての条件が揃ってから動き出す。
が、成功者は見切り発車でも、最初の一歩を踏む出すのを躊躇わない。

チャンスは平等に巡ってくるけど、それを掴むのは一握り。
だから「食わず嫌い」せずに、まずは食ってみる。

サントリーの創業者鳥井信治郎氏の口癖は、
「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」
だったそうです。

思い立ったら即行動!
行動のみが成功をもたらす!!